2016年9月29日 的中結果

 向日町競輪(初日)第1レース S級一次予選

syote 728 195 643

 7-2 560

 7-2-1 2050

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥高鍋の抑え先行、⑦小橋は中団、①清水のカマシ捲りが決まると観た。
前回、和歌山でも狙った①清水。
前々回の立川で変貌した出脚と粘り脚は、ここでは抜けた存在。
疲れが多少心配ではあるが、初日ならば大丈夫と観た。
番手の⑨守安は、良い時よりかはやや落ちてはいるが、何度も①清水とは連携しているので、離れはしないが一点目。
三番手の⑤渓は、支部長を任され、ここ最近不甲斐ないレースが続く。
区切りの200勝を決めたので、デキ落ちか。
もし千切れたり捌かれるなら、⑦小橋の自在脚を。
決まれば瀬戸内三人だが、北の両者の捲り追い込みが三着一番手。
狙いは、1=9は押切厚め、三着725が勝負目、以下4。
間ハサミは、1-23457-9。
抑えに⑨守安迷子で、127BOXを。
勝負は、1-9-725の順と、間ハサミでも勝ちたい。

 向日町競輪(初日)第3レース S級一次予選

syote 57 418 29 63

sanfuku 3=4=8 30020円

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥小原が抑えて、②吉原は斬るか、斬らずに瀬戸内追走。
④窓場がカマシて、⑤野口の捲り何処まで。
⑥小原が二車で抑えて駆けるとは思えない。
ならば④窓場の先行一車的存在で。
②吉原が騙されない限り、近畿ライン追走か。
従って、⑤野口の捲りは不発と観た。
狙いは、1=4は地元だけに押切も充分だが、差し目が厚め、三着89厚め、以下23。
①篠塚が仕事をして、中抜き車券は、4-289-12389。
突き抜けは、189-1289-4。
今回ドル箱ではある⑨大塚は、②吉原が踏めば外を伸びるが。
三連複は、④窓場軸で、4=1289=1235789。

 向日町競輪(初日)第6レース S級一次予選

syote 72 195 43 68

sanfuku 1=3=9 830円

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥本郷が抑えて、④亀井がその上を斬るか斬らないか。
①高久保がカマシ捲りで、⑦宿口の捲り何処まで。
①高久保にとって、徹底先行不在の番組なら、カマシてゴール前まで粘り斬ると観た。
番手は、前回広島で①高久保と連携して、残せなかった⑨北川。
①高久保にとって向日町は、今や地元とも言えるので、何としてでも残してやりたいか。
⑥本郷と④亀井では、流れ込みくらいしかできない。
⑦宿口は、ここ数場所で調子も成績も落としているので評価を下げた。
狙いは1=9は押切厚め、三着53厚め、以下27。
抑えに間ハサミを、1-2357-9。
三連複は、①高久保軸で、1=2379=23579。

 向日町競輪(初日)第9レース S級一次予選

syote 526 174 398

 7-1 230

 7-1-4 630

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

③谷田が抑えて、①嶋津の先行、⑤徳永の捲り何処まで。
ここで狙いたいのは、④宮倉。
無用な失格から始まった今季は、S級点が足らず、苦しんでいる。
前回補充では、同県田中が暴走気味にカマシて、他の選手は棒立ちの様なレースで二着に流れ込んだ。
ここも番組が気遣ってか、①嶋津の先行一車。
番手は、④宮倉には世話になっていると言う後輩の⑦成清。
弟子の小埜も参加する、点数が高い記念ならば、皆が気遣い、大幅に点数アップも考えられる。
対する③谷田も点数を気にしており、勝ち上がる競走と口にする。
その意味は、四着までに入ることで、①嶋津の先行には逆らわず、踏んだとしても捲り追い込みか。
⑤徳永は番手が同県先輩なら仕掛けるが、①嶋津の楽逃げを捲る脚はない。
狙いは、⑦成清芯だが、銭は④宮倉絡みで。
7=4は7頭から厚め、三着13が勝負目、以下298。
7-1から4が勝負目、以下3298。
間ハサミの7-2389-4も抑える。
勝負は7-4-13だが、以下の三着の目で勝ちたい。
そして裏は常識的には買えないが、⑦成清はコースを必ず開けるので、4-7からも狙う。
そして、以下の買い目でも配当の良いところでは勝ちたい。
⑦成清は、①嶋津を二着に残すことより、④宮倉を優先か。
①嶋津は、四着に残せばOKなので。

 向日町競輪(初日)第11レース S級初日特選

syote 156 29 48 73

sanfuku 三連単のみ

 5-1-3 790

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑦渡邉の抑え先行、①脇本は突っ張るか、引いても早めのカマシ。
②坂本は①脇本ライン追走から権利狙い、④森川は捲りで何処まで。
⑦渡邉は、初日特選なので①脇本に胸を借りる先行か。
問題は、①脇本が冷静に捲りを撃てるかによる。
番手は、地元で世話になっていると言う⑤稲垣。
もし捲り不発で迷惑を掛けると思うなら、性格からも突っ張るか、捲りでも⑤稲垣が番手から出て間に合う巻き返しか。
ならば人気の5-1で勝負するより、配当的に、①脇本が居なくなる目が狙い目で。
初日特選なので言わば、九着でもOK。
①脇本の暴走から入る。
⑤稲垣頭で、相手は脚を溜める②坂本、切り替えられるかの③芦澤、ラインの⑥布居、今回ドル箱である⑨池田。
5-1-2369-123469が一点目。
抑えに、5-1-2369を。
5-1を狙い撃ちするなら、三着は2639の順。

 函館競輪(初日)第10レース S級予選

syote 428 157 639

 1-5 240

 1-5-7 430

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥柿沼の抑え先行、①箱田がカマシて、④篠原の捲り何処まで。
前回の①箱田の調子ならば、⑥柿沼の先行くらいでは問題ない。
番手の⑤大森は、生粋のマーク屋ではないが、地元なので付いて行ってこそ。
④篠原は前回を見れば、まだ戻っていないので見切る。
狙いは決まれば、北日本三人で、割って入るなら、茨城両者。
決まれば、1=5は押切厚め、三着7が勝負目、以下39。
157BOXは、突き抜け、縦目も抑えて。
1-39-39は元獲りで。
勝負は、157三人の車券。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る