2016年12月20日 的中結果

 松阪競輪(二日目)第10レース S級準決勝

syote 9(28) 174 3 65

 9-7 210

 9-7-1 400

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥吉田が抑えて、①松川が叩いて先行体制か、中団か。
単騎の③布居は先手ラインで、⑨パーキンスの捲り炸裂。
⑧小野がジカで、⑨パーキンスの番手②伊勢崎と競り。
当然、両者共倒れで⑨パーキンスの一人旅。
①松川は、初日を見れば走れる状態か。
逃げて三着までか、若しくは⑥吉田を逃がして捲り狙いか。
ライン三車なので、逃げた方が手堅いが。
狙いは⑨パーキンスの頭で、二着三着は熊本両者。
縺れるなら、⑦新井が①松川を残しに行った時、直線内から④高木がこじ開けるパターン。
①松川が捲りの場合は、調子の良い⑤石川で。
9-7から1が勝負目、以下54。
9-1から75が勝負目、以下4。
抑えに、①松川の中団捲りが浮いた場合は、9-56-3567。
勝負は、9-7-1と、9-75。

 松阪競輪(二日目)第11レース S級準決勝

syote 719 526 438

 7-1 160

 7-1-3 1220

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

④泉の抑え先行、中団⑤友定で、引いた⑦ボスのカマシ捲り炸裂。
④泉が後攻めの時は、一度前を叩いて、踏みながら後続のカマシを出して、位置を獲るレースがある。
③小野の番手捲りはないので、二人して上がる作戦ならば、⑦ボスに飛びつく作戦も考えられる。
⑤友定は、落車の影響もあって、番手が②石丸ならば、勝ち上がることより、自力出す考えか。
問題は①坂口、⑨山内が⑦ボスに付いて行けるかで。
初日の①坂口は、連戦の疲れもあると思うが、一番の敗因は番組負け。
ならば、⑦ボスのカマシに千切れないと観る。
ただ、三番手の⑨山内は配当的にも疑ってみたい。
離れながらの追走を、⑤友定か③小野に捌かれることを期待。
狙いは、7=1は、押切厚め、三着32が勝負目、以下49。
抑えに、⑨山内が付いて行っての逆転で、7-9-1は元。
勝負は、7-1-32で、4は配当勝ちしたいが。

 千葉競輪(二日目)第8レース S級一般

syote 51 39 428 67

sanfuku 三連単のみ

 4-1-2 60450

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥西谷が抑えて④坂本の先行。
⑤藤田、③本郷の捲り何処まで。
④坂本の先行一車的存在。
④坂本は、前回岸和田三日目での逃げ切りを、練習の成果だと言っていた。
先行有利な千葉皿バンクだけに、上手くペースで駆ければ、後続の捲りをシャットアウト。
まともに決まれば、番手②棟方で決まるが、頼りないので違うラインが直線食い込むことも。
狙いは、4=2は押切厚め、三着87厚め、以下951。
抑えで、4=1579-125789を豆券。
③本郷の捲りは、直線⑨紫原が内に入るので、浮くと観て見切った。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る