6月30日 的中結果

 別府競輪(最終日)第6レース S級特選

syote 15 42 63 9 87

 1-5 320

 1-5-9 1000

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

8が抑えて、6の先行体制を4がカマシ、1の捲りと観た。
徹底先行不在のメンバーで、好枠活かせる1が有利で。
8は枠負けで、6や4は一度斬って、三番手獲りが作戦か。
ならば1に順番が来るので。
9は6か4の三番手辺りに居るか。
若しくは1が前から二番目の初手ならば、1ライン追走も。
狙いは1=5は押切厚めで、三着は93厚め。
抑えに159BOXの縦目を少々。

 別府競輪(最終日)第7レース S級特選

syote 37 29 4 8 615

 1-5 410

 1-5-8 2140

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

初手は6の真ん中からもあるが、後攻めの方が手堅いか。
3と2ならば、頭の差で2が中団。
おそらく、6の上昇に併せて先にインを斬って、関東を行かせる策か。
3は得意の捲りで何処まで届くかで。
単騎の両者は、初手から関東追走も。
関東二弾駆けが崩れる時は、2が分断や先行など暴れた時。
しかしそれをすれば、3の捲り頃に成るので、中団獲っての捲りしか手はないか。
狙いは6が気持ち良く行って、決まればだが、二車単は1-5の一点で、三着は23厚め。
抑えに単騎の48で。

 富山競輪(二日目)第10レース S級準決勝

syote 348 751 926

 5-1 230

 5-1-2 390

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

初手は微妙も、1がスタート早いだけに、後攻めは無いと観た。
まず、9は先行出来る調子ではない。
昨日も番手獲り斬っただけの流れ込み五着。
ここは、年下の2を連れて逃げる意味もなく、着拾いか。
最近の3は単純な捲りレースしか出来ない。
番手の4は昨日狙ったが、位置も遠いし、付きバテした感じで。
ならば出脚鋭い7のカマシを狙う。
直ぐにカッとなる性格で、踏まなくて良いところで踏んでしまうタイプ。
しかし初日は冷静にカマシを決めたし、番手の5が上手く誘導するか。
狙いは5-7から12厚め。
5-1から72厚め。
直線2が届けば5-2から7厚めで。

 富山競輪(二日目)第11レース S級準決勝

syote 936 571 826

 5-7 280

 5-7-2 1400

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

初手は多少微妙も、9が前で受けると観た。
先行は挑戦者であり、番手が2ならば8か。
そこを自在が出来る9が中団を獲り、5が豪快にカマス展開で。
ボケていたら取りこぼす場合もある5だが、ここは信じて、七番手からも豪快に叩き斬ると観る。
その時に地元7が付いて行けるのかで。
初日、吉田は千切れたが意地で追走した。
吉田よりは自力もある7だが、前に居る9が邪魔に成る場合も。
9も中団から踏むので、案外5の番手に嵌っているパターンが一点目で。
狙いは、5=9は裏も要るが5の頭が厚めで、三着は32厚め。
そして本線扱いの、5-7から9厚めも。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る