4月11日 予想結果

 八日市競輪(二日目)第9レース S級準決勝

syote 92 714 63 58

 1-7 530

 1-7-4 2200

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

初手は若干7の前受けも。
初日は石井が前受けで、自らカマス出番が早くなった7。
前回優勝の疲れはあるとは思うが、初手で負けたのと石井が強かったのと。
ここは相手も楽で番手が一枠。
好きな位置からカマシ捲りで決めるか。
先手は二車でも6で、そこに7が襲いかかり、9の捲りが何処まで。
5はまだギア規制に慣れておらず、評価を下げた。
むしろ怖いのは、前回もコメントで吹いていた番手の8。
7=1は、番手の1がメモリアルなので五分的だが押切厚めで、三着は24厚め。
8の三着でも配当次第では勝ちたい。

 西武園競輪(三日目)第11レース S級準決勝

syote 196 528 473

 1-9 180

 1-9-2 550

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

4が抑えて、5のカマシで、1の捲り何処まで。
若しくは、5が1に対して中団拘るかで。
1はコメントでも先行基本と言った。
ならば5は前受けをすれば1のカマシで捲れないので、4相手なら当てにせずの先行か。
狙いは1飛ばしと言うより2芯で。
何処からでも突っ込む脚とは言わないが、今回は明日に走る甥っ子の存在もあるので気合充分。
2が付けば南関の選手は気合倍増で、5の逃げで今の1ならば苦しむ場面も。
狙いはそれでも捲るかの1とで1=2は1頭が厚めで三着は59厚め。
一点目とほぼ同等で、2頭フォーメーション2-5789-125789を流す。
抑えに1-9-2を。

 西武園競輪(三日目)第12レース S級準決勝

syote 65 82 971 34

 3-4 240

 3-4-7 640

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

初手は微妙で。
スタート行かない3で、9は三人ラインで、昨日の事もあれば前受けはない。
獲るなら6か8かで。
まずは3の一番最悪の初手で考えた。
先手は8より反省の9か。
しかし3が直後の中団ならば誰かを出すかも。
ここはどんな展開でも昨日の脚を観れば3を信用するしか。
問題は二着だが、縦のある4をまずは信じて。
次位は、8が踏んでの2と、汚い8。
展開的に恵まれる実力者の7だが、今回のデキでは二着は買いたくない。
昨日も関東両者にはブロックも出来ずに素通りだったので。
決まれば一点目です。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る