3月8日 的中結果

 名古屋競輪(初日)第4レース S級予選

syote 518 927 364

 9-2 410

 9-2-7 1120

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

初手は若干③池田の前受けもある。
③池田が抑えて、⑨郡司がカマシて、⑤阿竹の捲り何処まで。
前回は良くなかった⑨郡司。
番手の②林が心配するように絶好調だったデキからは落ちている。
だが、若さと新フレームでこのメンバー相手ならば主導権。
今の③池田は展開に恵まれないと厳しい。
⑤阿竹は番手が師匠だが捲りか。
狙いは⑨郡司の先行と観て番手②林芯で。
2=1は五分で、三着97厚め。
2=9は差し目が厚めで、三着17厚め。
抑えに突き抜けの2-7から91厚め。
③池田が前受けの場合で、9-1から82厚めも少々。

 名古屋競輪(初日)第9レース S級予選

syote 296 8 7(15)(43)

 2-7 670

 2-7-5 2990

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

⑦小松崎の抑え先行、番手競りは⑤橋本が勝つも、
⑦小松崎はホームで①伏見の追い上げを待っての先行体制か。
単騎の⑧山形は中団で追い上げる根性があるかは微妙。
⑦小松崎の掛かりを見て、②山田が渾身の捲りを決めると観た。
久留米全日本は調子が悪かった②山田だが、前回の向日町を見れば不安はない。
⑦小松崎も前回を見れば絶好調ではないし、抑え先行で後ろが競りならば、届くと観た。
二着も、スジの⑨西川と、前残りの⑦小松崎で。
狙いは、2=9は押切厚めで、三着は7が勝負目。
2=7は2頭からが厚めで、三着は95が勝負目で、83でも勝てるように。
抑えは⑦小松崎がバテた場合の2-5から7を。
最初に①伏見が競り勝てば⑦小松崎もペースを上げると思うが、そこは①伏見が追い上げでこそで。
逆に⑦小松崎が前受けの場合は、②山田が飛び付く展開か。
絞れば、2-9-7と、2-7-95で、続く2-7-83となる。

 名古屋競輪(初日)第10レース S級予選

syote 14 628 7 539

 買1-2-3 4820

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

⑤櫻井の抑え先行、⑦後閑が追走で、⑥高久保のカマシ、①木暮の捲り何処まで。
パッと見は100期同期がやり合っての①木暮の捲りか。
しかし以前やり合った過去もある両者で、G1の予選でまた同じ事をするのかと言えば疑問。
やり合えば①木暮の捲り頃は見え見えで、むしろ⑤櫻井はヤル振りのレースをして、捲りと観た。
⑥高久保のカマシに、踏みながらの中団獲りならば、⑧黒木は捌かれているかも。
それでも捲り届くかの①木暮も含めてのフォーメーションが狙い。
高配当の使者は、調子がグンと良く成っている⑥高久保と、恵まれそうな②澤田。
1236-12356-12356。
①木暮の頭で獲り損がある場合は、別口で抑えるか諦めるかです。

 名古屋競輪(初日)第11レース S級特選

syote 48 71 526 93

 1-7 340

 1-7-4 1880

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

⑨井上が抑えて、⑤武田が先行体制、⑦深谷のカマシ捲り、④近藤の捲り何処まで。
⑤武田がどんなレースをするかが注目だが、調子が悪くても、以前の⑤武田ならば先行だろう。
特選なので脚を試すには絶好の場。
しかしここ最近のレースを見れば、頭で考えていても体が動かない気もするので。
ならば①浅井が番手で、身が引き締まる思いであろう⑦深谷のカマシか。
⑤武田が三番手を獲ったとしても、そこから踏めるかは微妙。
ならば面白いのは、④近藤の捲りの方か。
どんなレースでも怖い②芦澤だが、⑤武田を捨てにくいので遅れる事も。
狙いは1=7は差し目が厚めで、三着42厚め。
④近藤が届いて、4=1は五分で、三着は782の順で厚め。
1=2は1頭から厚めで、三着は7厚め。
抑えに②芦澤の中割で、7=2は五分で1厚めを少々。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る