2020年7月5日 的中結果

 小松島(最終日)5レース S級選抜

syote 416 27 53

 4-2-7 4190円

zendan

⑤片岡が抑えて、②吉武の先行。
引いた④北津留の捲りが決まるか。
②吉武と④北津留は初日の再戦。
⑤片岡は逃げないので、②吉武とすれば、同じ逃げで頑張るだけか。
ならば七車立ては合う④北津留の捲り。
初日の坂本亮よりも、やや柳詰は信用できないので、離れた展開も抑えて。
三番手の⑥西川は、初日を参考にすれば、見切りたい。
決まれば、4-1から75厚め、以下23。
抑えに、4-257-12357まで。

 小松島(最終日)9レース S級決勝

syote 1635 427

 3-6 710円

 3-6-5 1380円

zendan

初手は逆もあるか。
④河端の抑え先行、①島川は突っ張るか、下げるか。
地元作戦から考えると、①島川は前を獲れば、突っ張るしかない。
下げれば、①島川は出来れても、⑥太田は捌かれる。
理解しているなら、①島川は下げてはいけない。
④河端はスピード自慢なので、①島川が突っ張れば下げるし、赤板では抑えに来ないかも知れない。
逆に①島川が後攻めならば、④河端はシンプルに下げてカマシ捲り狙い。
ならば地元作戦が本線。
連日の④河端を見れば、⑥太田は来てからでは遅い。
2センターから出れば、③原田が直線交わすと観た。
②清水は地元と年上④河端には遠慮をしての走り。
⑦松浦もどうしても勝ちに行くレースではないので、地元を邪魔するレースはしないか。
徳島オールスター四車ならば、地元から優勝者が出てこそ。
狙いは、3=6は3頭から厚めで、三着52が勝負目、以下7。
3-5から6が厚め、以下27。
抑えに、3-27-65。
地元が前受けから下げたら、7=2-63で元か半返し。
勝負は、3-6-52。

 川崎(二日目)9レース S級準決勝

syote

 1-7 300円

zendan

⑤山田が抑えて、①野口は突っ張るか、引くか。
⑥石橋は流動的。
⑤山田はイン粘りしか手はないが、そんなタイプではない。
やりようがない番組で、①野口がミスさえしなければ、地元南関で決まる。
問題は⑦小原が差すか、差せないか。
①野口次第だが、過去にカケイチの時、暴走するレースがあった。
オチを考えるなら、踏み過ぎて⑦小原に差されるか。
決まれば、7=1は差し目が厚めで、三着4が勝負目、以下2。
抑えに、7-4-1まで。
勝負は、7-1-4。

投稿を作成しました 109

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る