2018年6月19日 的中結果

 弥彦競輪(二日目)第9ース S級準決勝

syote 527 91 8 634

 2-7-1 4010円

zendan

⑥小林の抑え先行、⑨嶋津のカマシ、単騎の⑧伊藤は流動的。
⑤吉本のカマシ捲りが決まると観た。
初手は⑨嶋津の前受けも考えたが、初日の内容に納得しているなら、中団からのカマシと観た。
成績を落としているので、今は脚戻しのために先行をしてこそ。
ならば初日も決めた、⑤吉本が②佐々木を連れて一気の捲り。
①大塚も低迷中なので、⑦牧までついて行くライン三車が本線。
一発あるなら、単騎の⑧伊藤。
狙いは、2=5は差し目が厚めで、三着78厚め、以下1。
突き抜ければ、2-7から5が厚め、以下1。
獲り損あるが、⑧伊藤狙いの2578BOXを豆券で。

 松山競輪(二日目)第12ース S級準決勝

syote 32 718 4 6 59

 1-7 290円

 1-7-3 780円

zendan

⑤菅原の抑え先行体制、単騎の④桝井、⑥冨尾は流動的。
⑦松本はカマシ捲り、③坂本の捲り何処まで。
初日の⑦松本は、流石に地元戦だけに仕上げたか、ここ一番の粘り。
今日は一枠があるので、得意のカマシ捲りで、⑤菅原の逃げを叩き斬る。
番手の①新井も好調なので、⑨佐藤の牽制の上を行く。
実力者の③坂本は、番手が②小沼なので、権利を狙っての捲り追い込みか。
面白いのは、復帰三戦目の⑥冨尾。
⑧上吹越が千切れそうなので、三着は狙える。
狙いは、7=1は五分的も、押切厚めで、三着356の順で勝負目、以下98。
抑えは③坂本が届いて、137BOX。
勝負は、一点目の勝負目で。

 四日市競輪(二日目)第10ース S級準決勝

syote 529 714 638

 5-1 730円

zendan

⑥佐川の抑え先行、⑦谷口は中団。
引いた⑤ブフリのカマシ捲りが決まると観た。
初日は前を獲らず、中団から先行した⑤ブフリ。
前受けが基本の大西相手だったから決まったが、今日は流石に受けて立つ前受けか。
⑥佐川は先行基本なので、地元の⑦谷口は、ハマりを意識しての中団からの組み立て。
狙いは⑤ブフリ。
問題は二着以下だが、前回グレーツァーに千切れた②守澤を、配当的に嫌う。
①島野も⑦谷口をハメてやる動きをするので、中部両者が狙い。
横が荒い③三谷のハッスルプレーは嫌だが、落車後なので評価を下げた。
5-7から1が勝負目、以下42。
5-1から7が勝負目、以下42。
抑えに、5-2から91厚め、以下7。
5-9-2まで。
勝負は本線二つの勝負目で。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る