2017年9月9日 的中結果

 岐阜競輪(三日目)第4レース S級選抜

syote 279 418 536

sanfuku 三連単のみ

 4-2-3 38330

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑤吉本が抑えて、④三田村の先行、②櫻井は突っ張ってでも中団狙いか。
やはり④三田村は、一枠があるのとないのとでは、全く違ったのが昨日。
今日も一枠があるので、初手は中団から進められる。
昨日はイン粘りをした⑤吉本だが。今日は④三田村の番手で粘れば、人気の②櫻井を引き出すだけなので。
ならば一度前を抑えて、④三田村を出しての中団狙いか。
それを知っていそうな②櫻井は、⑤吉本突っ張って中団か。
過去に中団から④三田村を捲っているので、先行勝負はなど考えていない。
狙いはもう一度④三田村で、昨日、鷲田が付いて行ったので、①渡辺にも意地がある。
だが、調子が良くないので、①渡辺の付きバテも抑えて。
まずは、4=1は押切厚めで、三着82厚め、以下375まで。
抑えに、4=235-123567。
昨日程、④三田村は人気をしないと観たが。

 岐阜競輪(三日目)第8レース S級特選

syote 47 592 81 63

 9-5 340

 9-5-2 510

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥武田が抑えて、⑧巴の先行体制。
⑤伊早坂はカマシで、④石丸の捲り何処まで。
内に詰まらず、普通に走れば、記念クラスでも通用する⑤伊早坂。
初日はまるでA級当時を思い出すようなポカをしたが、二日目はちゃんと修正した。
今日も、⑧巴が二車でも行くならばロング捲れでいいし、ジャンから一気でもゴールまでもつ脚力。
問題は番手の⑨大槻で、前回地元の青森から、徐々に調子が落ちている。
連日展開に恵まれていないのだが、それしても伸びていない。
人気は⑨大槻の差し目だが、あえて押切から入る。
波乱があるとすれば、④石丸の捲り。
狙いは、5=9は押切厚めで、三着47が勝負目、以下12。
④石丸の捲りで、4=9は折り返し五分で、三着57厚め、以下2。
抑えに、⑤伊早坂が失速で、9-247-5の間ハサミ。
勝負は、5=9-47と、4=9-5、4-9-7。
②小野はラインで人気をするが、前回向日町の走りが気に入らないので、評価を下げた。

 岐阜競輪(三日目)第11レース S級準決勝

syote 71 29 34 5 86

 1-7 290

 1-7-8 4830

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑧中井の抑え先行、単騎の⑤天田が追走か。
③佐藤が続き、②井上、引いた⑦竹内のカマシが決まると観た。
⑦竹内は、⑧中井の上昇に併せて下げるだけ。
前で隊列が短くなれば、楽勝で、もし一本棒でも包まれなければ、何とかなる調子。
問題は⑧中井の作戦で、決勝に上がることを考えれば、踏みながら⑦竹内のカマシを待てばよい。
ライン二車でもあり、番手は点数が下の⑥北川。
暴走すれば、三番手を獲ったライン違いの選手に捲られるのは見えており、ここは中部の三番手狙いと観た。
狙いは⑦竹内の押切り。
ここ一年間は、①浅井が差しているものの、配当的にも押切が妙味。
①浅井の千切れまで抑えて、⑦竹内から狙う。
決まれば、7=1は押切厚めで、三着85が勝負目、以下362。
抑えに、7-1235-123568。
勝負は、7=1-85で、3でも勝てるかはオッズ次第。

 函館競輪(初日)第10レース S級予選

syote 427 196 358

 9-1 470

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

③小川の抑え先行、④古川は中団狙い。
①元砂のカマシが決まると観た。
肩と腰の具合が良くないと言う①元砂だが、予選では負けられない。
調子がイマイチならば、捲りではなくカマシで勝ち上がりを考えるか。
敵の③小川は地脚タイプで、掛かり斬る前に叩き斬れば、⑨島野とワンツー。
③小川は汚いレースもできるので、ハマり狙いの権利獲りか。
狙いは、意外性のある差し脚、⑨島野を。
9=1は差し目が厚めで、三着35が勝負目、以下6。
勝負は、9=1-3と、9-1-5。