2017年9月6日 的中結果

 防府競輪(最終日)第11レース S級決勝

syote 734 18 25 69

 7-3 270

 7-3-4 530

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥矢口が抑えて、②松岡の先行体制。
①坂本は中団で、⑦パーキンスのカマシ炸裂と観た。
準決勝は、⑦パーキンス相手に、②松岡の番手で粘った⑥矢口。
そのことで決勝入りとはなったが、常識外れのレース振り。
ただ、伊藤正が甘いので粘ったと思うが、決勝もセオリー通りには走らないか。
①坂本は準決勝同様、中団で様子を見ての捲り狙い。
②松岡は自分のタイミングで踏むだけ。
狙いは⑦パーキンスのカマシ。
コメントでは先行と言う。
番手の③ドミトリエフは恩人で、東京五輪はロシアに籍を移して出場予定。
過去に⑦パーキンスが前を廻った、静岡では早めに動いて、③ドミトリエフの優勝。
小田原も成田に中を割られたが、⑦パーキンスは早い仕掛けだった。
武雄や青森で負けている⑦パーキンスだけに、今日は捲りではなくカマシと観た。
狙いは、3=7は差し目が厚めで、三着42が勝負目、以下1。
抑えに、3-4-7と、7-4-3を少々。
勝負は、3-7-4で、続く2。

 平塚競輪(初日)第11レース S級予選

syote 925 178 436

sanfuku 三連単のみ

 2-7-9 7400

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は微妙も、先行は脚戻しの④谷口か、同県先輩を連れた⑨松岡のカマシか。
①加賀山も番手が地元の⑦桐山だが、最近は逃げるイメージがない。
基本捲り狙いが多いし、先行して崩れるパターンが続いている。
それでも狙いは⑦桐山。
人気の7-1は元獲りにして、⑦桐山から筋違いを狙う。
まずは、前回復調の兆しが見えた②新井とで、7=2は折り返し五分、三着59厚め、以下831まで。
抑えに、7-3から2厚め、以下18。
そして、7-18-1238は元。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る