2017年9月19日 的中結果

 武雄競輪(最終日)第11レース S級決勝

syote 296 175 8 34

 4-3 1460

 4-3-9 5680

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は、③平原の前受けもある。
北の並びは、⑨新田が今回は番手でお願いしますと言った模様。
ならば、巷はASの恩返しと言われているが、二弾駆けではないと観た。
⑨新田が前の時は、久留米の全日本決勝以外、勝つ競走をしているので、②渡邉も九着獲りはしないか。
①村上は、ライン三車で、最初から⑨新田の後ろ狙いをする選手ではない。
流れでなったとしても、雰囲気的には、北を出させない先行と観た。
ならば狙いは、脚をためていられる③平原。
後攻めの場合は、②渡邉の突っ張りを警戒して早めに抑える。
前受けの場合は、臨機応変にスローに落としたりもできる。
だが、全盛期の脚はないので、芯は番手の④諸橋。
③平原は例え捲り斬れなくても、踏む順番は廻ってくる。
直線、④諸橋が内外踏んで、初のG2タイトルも夢ではない。
もう一人銭は、単騎の⑧松谷。
③平原より先捲りを撃って、押し切りまで考える。
当然、②渡邉がカマシ斬って、無風であれば、⑨新田の頭。
それでも相手は関東両者。
狙いは、4=3は折り返し五分も、差し目が銭で、三着89が勝負目、以下75。
4=35789-35789はダブり目含めたフォーメーション。
そして、349BOX、348BOX。
勝負は一点目だが、以下の買い目でも勝てるように買う。
買い目の三連複も考慮してください。

 伊東競輪(初日)第8レース S級予選

syote 734 81 5 296

 7-2 240

 7-2-9 460

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

③相川の抑え先行、単騎の⑤吉松が追走。
⑧小川は中団狙いで、引いた⑦バベクのカマシ捲りが決まるか。
前回西武線で、高配当を演出してくれた⑦バベク。
カマシが浮いたのだが、原因は日本人選手のブロック。
今日はそれができる選手が不在。
⑨佐藤はマーク屋だが、イメージは直線の伸び。
以前のように競ったりもしなくなったので。
前を任せた②相川は、前回結果を出した。
タイムも良かったので、⑦バベクを苦しめるか。
初めて⑦バベクに付く③濱口だが、やはり年齢的にも、千切れて当たり前。
狙いは、②相川のハマり。
決まれば、7=2は7頭から厚めで、三着9が勝負目。
抑えに、7-9-2。
③濱口が付いて行けば、7-3-2。
勝負は、7-2-9。

 伊東競輪(初日)第9レース S級予選

syote 53 916 8 427

 5-4 850

 5-4-2 1170

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

④高木の抑え先行、単騎の⑧加倉は追走から、番手狙いも。
⑨猪俣は中団で、⑤ブフリのカマシ捲り炸裂か。
33バンクは、前橋でも飛ばなかった⑤ブフリ。
前橋よりも直線は長い伊東なので、例え捲りになっても届くと観た。
④高木は逃げ切りを狙うより、②竹山の了解を得て、番手ハマりで権利獲りか。
問題は③立花だが、昨年暮れは⑤ブフリの捲りに追走、二着に流れ込んだ。
だが、スプリンターでありながら、前とは千切れるイメージもあるので、抑え評価。
狙いは、5-4から3が勝負目、以下178。
5-2から4が勝負目、以下17。
抑えに、5-3から42厚め。
勝負は、5-42-42。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る