2月14日 予想結果

 静岡競輪(三日目)第10レース S級準決勝

syote

 7-4-2 8120

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

9が抑えて6の先行、3は1を意識しての先捲りか。
ここは徹底先行タイプの6と9がやり合うかが問題だが、最近捲りが主体の9が冷静にやる振りして三番手を獲る事も。
もう9は二車で暴走する選手ではなく、5も勝つレースをしろと言う筈で。
1は人気になると思うが、このメンバーなら後方に置かれるか。
3は6か9のどちらが先行するか迷うところなので、9さえそのつもりなら黙せる。
しかし7が番手なのでバックでは出て行くか。
ならば7芯のレースで。
狙いは、9の先捲りが銭で、2と5が喧嘩をしてくれの展開。
人気の7だけにそこまでの高配当には成らないかも知れないが、三着など混戦なのでフォーメーションで狙う。
7から相手は1349で、9が絡めばで。

 静岡競輪(三日目)第11レース S級準決勝

syote 18 72 635 94

 3-5 1160

 3-5ー2 4980

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

9が抑えて6の先行、7が最後方から、ホームでカマスのか初日の様になるのかで。
1は7がカマスなら捲り斬りか。
問題の7だが、二日目レース後、番手であった吉田が相当文句を言っている。
優しい師匠は言わないが、7とてかなり心に響いている筈で。
まして番手は初日に迷惑掛けた2で。
普通は7は行ってこそに成るが、調子が良くなっていると言うので、捲りに構える事も充分。
ならば6は行くので先手のハコ、3が芯か。
どうしても欲しいG1を獲る為には、心を鬼と成ってシビアに出るしかないか。
そして1も番手は8だが、決勝に乗れるタイミングで踏むことも。
それは9も同じで、煩い4が番手であっても、踏まない可能性の方が大きい。
狙いは、3と1の捲りの1=3は五分で、三着95厚め。
1不発ならば3-9から15厚め。
3-5から91厚め。
もし7が捨て身行くなら捲り捲りの1-9から34厚めで。
三着は混戦なので二車単も考慮してください。

 静岡競輪(三日目)第12レース S級準決勝

syote 926 157 4 38

 4-9-1 37050

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

3の抑え先行を、1が一緒に上がりインを斬り、3を出しての展開か。
問題はその時、4がどの位置に居るかで。
一着を獲らなくても三着で良いので、1の四番手から直線勝負もあるかも知れない。
しかしその選択は誰が観ても可能性が低い。
ならば一発勝負を賭けるなら、初手から京都の三番手で。
3の先行ならば8は必ず仕事はする選手で。
それで1の捲りを止めれるかは別だが、4が三番手ならば、内のコースは開くので。
そこを得意の内突きで突っ込めば、決勝入は叶う。
云わばそれしかないか。
昨年暮れの脚とギアならば1しかないレース。
しかし前回いわき平は一度も一着がない。
今回もそうだが、馬が居ないレースで本当に強い勝ち方はまだ見ていないので。
3が慌てたり、全く掛からない展開なら関東で決まるが、固い一番人気とも思えないので。
ここは思い切って、4芯のフォーメーションを狙う。
相手は13579の五人。
そして元獲りで、1=5-7834を抑える。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る