1月11日 予想結果

 和歌山競輪(二日目)第11レース S級二次予選

syote 39 716 82 54

 1-7 210

 1-7-3 670円

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

初手は8の後攻めも多少ある。
初手は微妙も8の先行を7が強引にでもカマス展開か。
やっと実現した7と1の連係。
SSイレブンでも同じだった二人だが、冬季移動で練習していた後、茨城に住み込んでそのまま移籍した。(因みに現在は福島の実家に居るそうだが)
もちろん7を頼っての事なのでここは恩返しも込での先行か。
番手の1は、初日昨年内からシャックって飛ばした白戸の牽制にあった。
白戸は武田と知らずにブロックしたと言うが、その事もあり1は気合が入ったとのこと。
二日目は自力を望んでいたらしいが、ここは負けてはいけない番組で。
しかし簡単に茨城で決まる相手でもない。
その存在は徹底先行の地脚型8で。
初日も後ろをぶっちぎるカマシで、出脚も鋭い。
ここは挑戦者だし、7相手に先行意欲は満々で。
狙いは7が脚を使うと観て、ギア規制で蘇った3が相手の1=3は1頭から厚めも配当的には3からで、三着は72厚め。
7が冷静に捲りを決めたり、力の違いを見せるなら、1-7から32厚め。
8が叩かれて、切り替えるかの1-2から37厚めで。
三着が混戦なので二車単も考慮してください。

 和歌山競輪(二日目)第12レース S級優秀

syote 2(54)6 3 1(98)7

 1-2 590

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

初手はスタートダッシュの差で2が前受けと観た。
1が抑えて2が突っ張りながら引いての捲りか。
1の番手競りは9が競り負けても再度追い上げなければ成らない。
1がペースを上げてしまえば追い上げずの三番手もあるが、それをすれば今後の事もあるし、前回の事もあるので。
ならば相手は8だけに落車まで考えられる。
2の番手競りは4相手なら5が勝ってこそで。
ここも絶対落車や失格がないとは言えないが、楽に勝ってこそか。
狙いは2芯で。
1の番手に2が嵌る事もあるし、2の捲りがノーガードで決まる場合もあるので。
まずは5が早めに競り勝って2-5から16厚め。
競りが長引いて千切れなら、点と点とで2=1は2頭が厚めで、三着は5厚め。
本線二つはほぼ同等で。
絞れば二車単だが2-5、2-1の二点。
落車もありそうだし、三着混戦で、二車単も考慮してください。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る