2019年7月2日 的中結果

 玉野(二日目)11レース S級準決勝

syote 17 42 6 8 935

 1-3 340円

 1-3-5 800円

zendan

⑨小森の抑え先行、単騎の⑥服部、⑧吉永が続くか。
④山形は内から⑤吉村の位置か、最低中団四番手。
引いた①新山の捲りが決まると観た。
初日の⑨小森は、スランプを脱したかの抑え先行を披露した。
ここも迷う相手ではなく、近畿の先輩③南を連れて抑えて駆ける。
対するは、前受けからのカマシ捲りがパターンになった①新山。
縦一列八番手では危ういが、④山形が前々斬り込みそうで、隊列は短くなると観た。
狙いは①新山の捲り。
⑨小森は二分戦なので、①新山の突っ張りを意識すれば、赤板で鼻に立つか。
③南は、①新山⑦武田のどちらかは止めて、⑨小森を残しに行く。
1=3は、1頭から厚めで、三着9が勝負目、以下527まで。
③南が大仕事をして、1-9-352。
抑えに、1-7-3。
①新山不発の、3-5=9。
勝負は、1-3-9と、1-9-352。

 青森(二日目)12レース S級準決勝

syote 193 725 6 84

 2-7 200円

 2-7-1 1810円

zendan

⑧藤田が抑えて、⑦藤根の先行、⑥小野が追走か。
引いた①山本のカマシ捲り何処まで。
⑦藤根は前回函館記念二次予選、ホーム流して古性に叩かれた。
翌日は反省してなのか、逃げて七着になった。
今日は古性よりもダッシュが鋭い①山本が相手。
②佐藤が番手なので、油断せずに踏み込めば、逃げ切りは厳しいと観た。
①山本は地元番組に入れられたならば、向かって行くタイプ。
狙いは②佐藤。
初日落車をしたが、大丈夫ならば信じたい。
①山本のカマシ捲りを牽制して、人気に応えて踏む。
⑦藤根の残り目が人気だが、あえて突き抜けを狙う。
2=5は、2頭から厚めで、三着937が勝負目、以下1。
2=9も、2頭から厚めで、三着57厚め、以下31。
抑えに、2-3から57厚め、以下91。
2-7から59厚め、以下31。
勝負は、2-5-937、2-9-57、2-3-57でも勝ちたい。
2-7-59でも勝てるかは、オッズ次第。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る