2019年6月6日 的中結果

 武雄(最終日)9レース S級特選

syote 156 873 2 94

 5-4-1 16620円

zendan

⑨竹村が抑えて、⑧近藤の先行体制、②牧が追走か。
①金子のカマシ捲りが決まると観た。
⑧近藤相手ならば、①金子が主導権を獲る。
番手は差されてもいい同県先輩⑤藤田。
ライン違いでも⑥紫原が三番手についたので、①金子は最終ホームから仕掛けると観た。
狙いは番手の⑤藤田。
初日を見れば、調子は悪くない筈。
決まれば、5=1は37厚め、以下694まで。
抑えは初日のような、①金子三着、5-37684-1。

 四日市(初日)9レース S級一次予選

syote 516 278 934

 1-5 290円

 1-5-7 980円

zendan

⑨市橋が抑えて、②山本の先行体制。
⑤伊藤のカマシ捲りが決まると観た。
⑨市橋②山本相手ならば、⑤伊藤は先行を考えているか。
だが、せっかくある一枠なので、前受けから中団で止まり、②山本を斬らせてからの捲りと観た。
②山本の走りは殆どが着狙いなので、踏みながら⑥藤原の位置狙いか。
⑨市橋も逃げるイメージはないし、後ろは四国なので自分だけのレースか。
狙いは決まれば、5=1は押切厚めで、三着26が勝負目、以下793まで。
勝負は、5-1-26と、差し目でも勝てるかはオッズ次第。

 四日市(初日)11レース S級一次予選

syote 15 724 93 68

 7-2-5 1270円

zendan

初手は⑥高橋の前受けもあるか。
⑨長尾の主導権を、⑦宮本が叩きに行くか。
①鈴木の自在戦何処まで。
⑦宮本の前回は、三本バックを引っ掛けて優勝した。
「ファンに応援してもらえる競走を」と言っているので、切っ掛けを掴んだかも知れない。
得意技は捲りと思うが、本来は父親譲りの強地脚。
長い距離をもがけば、人気に応えられる番組構成。
番手は初連携となる②北村。
番手の時は仕事をするタイプなので、突き抜けよりも、食いそびれはある。
①鈴木は後ろが⑤山田ならば、得意の着狙い。
狙いは決まれば、2=7は差し目が厚めで、三着41厚め、以下5。

 四日市(初日)12レース S級特選

syote 158 72 4 6 39

 5-8-1 1460円

zendan

③石橋の抑え先行、単騎の④武藤、⑥小岩は流動的。
⑦岡本は中団自在に。
①松本は引いて捲り斬ると観た。
前回松山全プロは、二度バックを獲ったが、初日は落車レースで、二日目は根田に捲られた。
積極的には動いたが、ライン三車の厚みを活かした①松本が捲り斬るか。
⑦岡本は中近連携で、近畿三番手は欲しいが、④武藤とやりたい事が被るかも。
⑨西岡は仕事をするイメージがないので、①松本が一気に。
小松島の誘導で落車をした⑤阿竹が大丈夫ならば、ゴール前で差す。
5=1は差し目が厚めで、三着87厚め、以下24。
⑤阿竹が捌かれたら、1-2478-24578。
抑えに突き抜け縦目の、158BOX。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る