2019年6月14日 的中結果

 岸和田(二日目)6レース S級東二次予選

syote 916 528 734

 2-5-1 5530円 

zendan

⑦山崎が抑えて、⑤和田が斬って、⑨吉澤の先行と観た。
初日の⑨吉澤は、作戦通り前を獲って、先行一車を活かして逃げ粘った。
ここも、捲りタイプの⑦山崎、⑤和田相手ならば、①諸橋が前を獲ってカマシと観た。
⑤和田は休む前まで積極的なレースをしていたが、まだ完調ではない。
初日も踏めなかったので、三着権利のここでは、先行はないか。
狙いは①諸橋。
落車の影響は少なくともあるが、カラダも自転車も大丈夫の言葉を信じて。
調子で言えば、②内藤。
1=9は差し目が厚めで、三着25厚め、以下637まで。
縦目の、129BOX、125BOX、159BOXまでが本線。
抑えに、126BOX。

 岸和田(二日目)11レース S級白虎賞

syote 915 724 683

 8-3 2510円

 8-3-2 19100円

zendan

⑥不破の抑え先行、⑦清水は中団。
引いた⑨脇本の捲り決まるのか。
⑥不破は追加だったが、欠場選手が出て、正規配分となった。
先輩⑧竹内とは初の連携。
赤板から先頭に立ち、ジャンではメイチの先行と観た。
⑦清水は、昨日の太田のようにカマシを撃てば、⑨脇本を引き出すだけ。
中部と車間を斬って、⑧竹内に番手捲りを撃たせての捲りと観た。
問題は⑨脇本。
昨年の白虎賞では、⑧竹内の単騎カマシ、三谷の番手捲りで諦めた。
常識的には、引いて、昨日のようなカマシ捲りか。
狙いたいのは、⑧竹内の番手捲り、③吉田の差し。
地脚タイプに見える⑧竹内だが、本来はスプリンター。
⑥不破を無駄死にさせずに、シビアに出れば、いくら⑨脇本でも捲れないシーンも。
⑦清水も敵は⑨脇本なので、初日の太田のようなレースはしない。
②中川は前にピッタリ追走する選手ではなく、外を踏むタイプ。
内を突けるのは、④井上に、遠いが⑤南だけ。
抑えは、⑨脇本が⑤南のために突っ張り先行をした時。
⑧竹内より⑦清水が先捲りしたパターン。
3=8は折り返し五分で、三着42が勝負目、以下715まで。
縦目の、348BOX、238BOX、378BOX、138BOXまでが本線。
抑えに、389BOX。
⑨脇本突っ張り、1=5-4279。
9=1-7は元獲り。
勝負は中部の本線で夢を見る。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る