2018年9月19日 的中結果

 小田原(二日目)10レース S級準決勝

syote 357 18 4 6 29

 3-5 160円

 3-5-9 2410円

zendan
②佐藤の抑え先行体制、単騎の④米澤、⑥石川が追走か。
①筒井はカマシも考えて、引いた③トルーマンのカマシ捲りが決まる。
初日の③トルーマンを見れば、やっと日本の競輪も理解したに見えた。
先行タイプ不在の番組で、初日のように後ろを連れて早めのレースと観た。
①筒井は近況良くない。
②佐藤は良くなっているが、展開が向くとは思えない。
そこで狙いは、③トルーマンのカマシに追走の、⑤福田の差し目。
初日はボスの逃げに、ゴール前迫った。
今の調子ならば、③トルーマンをゴール前で捕まえることも。
配当的にも、5=3は差し目が厚めで、三着7が勝負目、以下29。
勝負は、5-3-7、29でも勝ちたい。

 小田原(二日目)11レース S級準決勝

syote 196 25 83 47

 1-9 120円

 1-9-2 630円

zendan
④藤田が抑えて先行体制、⑧矢口は自在に構えて。
②中田はカマシか捲りで、①ボスのカマシ捲り炸裂。
①ボスが初日同様、下げて赤板ホームで叩き斬る。
番手⑨内藤の初日は、ライン違いの坂本亮を庇い、マーク屋として競輪道を魅せた。
調子が悪ければできないし、しっかり①ボスに追走すると観る。
三番手の⑥亀井も初日千切れず①ボスについて行けたので、三着厚めに。
最近捌きをやるようになった⑧矢口が次位。
狙いは、1-9から68が勝負目、以下2。
勝負は、1-9-68。

 和歌山(二日目)10レース S級準決勝

syote 19 52 37 846

 1-2 490円

 1-2-3 2110円

zendan
⑧中村の先行体制、③石川は中団。
⑤小川はカマシか早めの捲りで、①山中の捲りが決まると観た。
初日、力の違いを見せた①山中で仕方ないか。
⑧中村は逃げも考えていそうだが、②大塚を連れた⑤小川が早めに仕掛ける。
そこを①山中が捲り斬る展開か。
③石川は和歌山バンクと相性が良く、縦で何処まで届くか。
②大塚も負傷明けにしては良かった。
⑦手島も意外に良く見えた。
狙いは、1-9から23が勝負目、以下7。
1-2から37厚め、以下9。
勝負は、1-9-23で、1-2-37でも勝てるかはオッズ次第。