2018年7月26日 的中結果

 防府(二日目)9ース S級準決勝

syote 294 17 35 68

 2-9 170円

zendan
⑥津村の抑え先行、③黒田が追走。
①筒井は中団、引いた②ボスのカマシ捲り炸裂。
⑥津村のチャレンジ先行だろうが、②ボスの仕掛けが早い。
両者の初日を見比べれば、⑥津村が踏んだとしても、②ボスが叩き斬る。
問題は二着以下だが、西岡が千切れ気味でも追走したので、⑨山賀ならばついて行くか。
厳しい牽制ができるのは⑧菅原が、スピードの違いで②ボスラインができる。
前を庇う⑧菅原よりも、初日が良かった③黒田は怖い。
狙いは、2-9から43が勝負目、以下81。
2-3から98厚め、以下51。
形だけで、2-4-9も。
勝負は、2-9-43と、2-3-98でもオッズ次第では勝ちたい。

 防府(二日目)11ース S級準決勝

syote 32 71 49 8 65

 3-5 570円

 3-5-7 1310円

zendan
⑥大石の抑え先行、単騎の⑧大竹が追走か。
④佐藤は中団、⑦天田は捲りで、③グレーツァーのカマシ捲り炸裂。
一度は八番手になりそうな③グレーツァーだが、競輪の仕掛けどころは覚えたので、一気に前を叩き斬る。
問題は二着以下だが、②伏見ではついて行けないに賭ける。
もう全盛期の脚はないし、少しでも横に当たられたら、怖がるので。
⑤神田は今後、近畿のマーカーとして上で戦いたいのならば、しっかりと仕事をしてこそ。
前回の調子ならば、横に動いてももう一度前に踏めるか。
⑦天田は③グレーツァーには敵わないが、この相手ならば捲れる調子。
④佐藤は汚いので、三着狙いしかできないか。
狙いは、3-7から51が勝負目、以下42。
3-5から74厚め、以下826まで。
勝負は、3-7-51と、3-5-74でも勝ちたい。
②伏見の3-2で決まれば諦める。

 岐阜(二日目)10ース S級準決勝

syote 15 926 43 78

 9-2-7 1030円

zendan

初手は微妙だが、急所で⑨南がカマス。
⑦野田は捲り狙い、④一戸もハマり捲り狙いで、①小原も同じ。
ならば⑨南は楽に主導権。
問題は二着以下だが、番手の②中野は、落車の影響がありそうで。
初日も良い頃ならば、二着はある展開。
⑨南の気遣いがあったとしても、これだけ自在が揃えば、厳しいと観た。
狙いたいのは④一戸。
大怪我で出世は遅れたが、元々期待されていた選手。
今が一番調子は良く、③河野の大仕事で、⑨南の番手にハマるか。
前回悪かった①小原だが、初日を見れば走れる調子。
調子も成績も落ちている⑦野田と②中野は抑えで。
狙いは、9-4から13厚め、以下72。
9-1から47厚め、以下532まで。
抑えに、9-7から41厚め、以下382まで。
9-2から41厚め、以下73。

 岐阜(二日目)11ース S級準決勝

syote 159 836 2 47

 1-5 160円

zendan
④蒔田が抑えて、⑧戸田の先行体制、単騎の②明田が追走か。
引いた①竹内が即座に巻き返して叩き斬る。
④蒔田よりも、③青井を連れた⑧戸田の先行と観た。
徐々に良くはなっている⑧戸田だが、まだ以前の脚には戻っていないが。
④蒔田は逃げれば①伊勢崎は出るので、理想は中団か。
狙いは①竹内。
初日は⑤林の作戦だったと言う。
早めに仕掛けて主導権を獲ったので、今日も捲りは考えず、ジャンからメイチの先行か。
初日の⑤林は競られたが、①竹内を追いかけたので調子は悪くないと観た。
厳しい横の牽制をするタイプは居ないので、①竹内に千切れず追走か。
抑えるなら⑦伊勢崎よりも、③青井。
決まれば、1-5から39が勝負目、以下74。
抑えに、1-3から57厚め、以下84。
形だけで、1-9-5。

 前橋(二日目)9ース S級準決勝

syote 4197 26 538

 4-1 390円

zendan

⑤坂本が抑えて先行体制、②畑段は中団。
④小原は突っ張るか、引いてのカマシ捲り炸裂。
初日の⑤坂本は、特選でもあり先行した。
勝ち上がりの準決勝なので逃げたくはないが、大怪我をした前橋では、激しいレースは封印か。
②畑段は飛び付きも考えての捲り狙い。
狙いは④小原。
番手は地元の①稲村で、関東ライン四車ならば、考えて走る筈。
①稲村以下を飛び付かせない走りと観た。
狙いは決まれば、4=1は押切厚めで、三着92が勝負目、以下35。
抑えは、4-235-235。
勝負は、4-1-92と、突っ張りならば差し目もある。

 前橋(二日目)10ース S級準決勝

syote 718 624 935

 7-1 230円

zendan

⑨杉森の抑え先行体制、⑥森田は中団か、意表を突いたカマシ。
⑦ブフリのカマシ捲りが決まると観た。
ズルい⑨杉森ならば、⑦ブフリに飛び付くハマり狙い。
問題は⑥森田で、中団では捲れないと観れば、カマスことも。
北日本の先輩が番手につく時は、普段やらないレースをする時がある。
前橋33バンクだけに、カマシを考えているかも。
その時は、①三宅までついて来るスジ車券。
三番手の⑧舛井は流石に買えない。
狙いは⑦ブフリの頭で、⑨杉森のハマりが一点目で、二点目は後輩③山田が踏んだ時。
7-9から32が勝負目、以下51。
7-3から9厚め、以下251。
抑えに、7-1から29厚め、以下3。
勝負は、7-9-32で、7-3-9、7-1-29でもオッズ次第では勝ちたい。

 前橋(二日目)10ース S級準決勝

syote 175 429 836

 1-5-7 10370円

zendan

⑧窓場の抑え先行体制、④渡邉は中団。
引いた①早坂がカマシ斬るか。
どんな相手でも叩き斬れる①早坂だが、その後の殆どが足れてしまう。
後ろ二人が地元なので、迷惑掛けないバック獲りか。
逃げては持ち味が出なくなった⑧窓場。
ダイエットをしてから、以前の地脚は無くなったが、現代競輪の支流である、カマシ捲りが決まるようになった。
今日は枠負けなので、逃がされそうだが、①早坂の仕掛けが早ければ、中団にハマり込むか。
④渡邉は自在屋で、番手がライン違いの②岡ならば、初日のような捲り狙いか。
狙いは⑦佐藤。
①早坂の残り目に人気が集まりそうだが、足れることを願って、⑦佐藤から筋違いを狙う。
7-23458-23458、裏は、48-7-23458。
抑えは①早坂三着の、7-23458-1、48-7-1。
追加するなら、4=7。