2018年7月1日 的中結果

 宇都宮競輪(四日目)第2ース S級一般

syote 726 1 4 9 835

 7-2 380円

 7-2-6 1610円

zendan

⑧谷田の抑え先行、単騎の①林、④肥後、⑨伊原が追走か。
引いた⑦伊早坂のカマシ捲りが決まると観た。
中部三車は三日目に続いて再度セット。
⑧谷田は枠負けなので、抑えて駆けるしかない。
単騎の三車は、負け戦なので競るレースよりも、流れに沿って直線勝負か。
狙いは茨城コンビ。
⑧谷田相手なら、⑦伊早坂は捲り斬ってこそ。
番手は追加でも好調キープしている②小林。
三番手の⑥海野は、カマシならば千切れる可能性もあるので、抑えに廻した。
決まれば、2=7は押切も充分だが、差し目が厚めで、三着53が勝負目、以下61。
勝負は、2=7-53。

 宇都宮競輪(四日目)第12ース S級決勝

syote 26 158 4 9 73

 2-6 1260円

 2-6-4 5770円

zendan

⑦小松崎が抑えて、その上を①武田が斬るか。
単騎の⑦竹内はカマシか捲りで、④南はバックから捲りたいか。
②中川は三半過ぎの捲りで。
①武田の理想は、単騎の⑨竹内か④南を待っての飛び付き策。
枠負けの二車ラインでは逃げない⑦小松崎だけは先に抑えると観た。
⑨竹内は白虎賞の単騎カマシを自画自賛していたので、一旦は前を叩いて鼻に立つか。
④南は②中川より先捲り撃って、粘り勝負か。
狙いは②中川。
単騎の両者は動くタイプで、①武田は何度も前で犠牲になってくれた⑤神山が番手ならば、バックから捲って出そう。
綺麗にラインで捲り斬るタイプではないが、②中川の出番が廻って来ると観た。
だが、④南の先捲りに、①武田が外を踏んで、⑤神山⑧岡が突っ込み、②中川の届かずも抑えたい。
⑥山田も好調で、②中川の外は廻らないタイプなので、波乱の展開もある。
まずは、2=6は押切厚めで、三着45が勝負目、以下18。
2=4も2頭から厚めで、三着65が勝負目、以下18。
2-5から64厚め、以下18。
ダブり目アリの、2456-2456-124568まで。
勝負は狙い撃ちの厚めだが、まとめるならフォーメーション。