2018年10月5日 的中結果

 前橋 寛仁親王牌(初日)5レース S級一次予選

syote 493 15 6 278

 7-2 350円

 7-2-1 2500円

zendan
②新山の抑え先行、①山本は先にインを斬ってでも中団狙いか。
単騎の⑥谷口は先手ラインか、流れで近畿追走。
④松岡も中団狙いだが、①山本に騙されて七番手もある。
②新山の前回地元戦は、二日目まで良かったが準決勝敗退で緊張の糸が切れた。
気落ちはないと言い切れないが、G1なので気は抜いていない筈。
番手は、その準決勝で②新山と連携した⑦守澤。
前を抜くことより仕事を優先するタイプなので、目標は②新山とワンツー決めること。
中団は①山本と観たが、④松岡が前受けから突っ張りながら中団を獲り斬るパターンも考えて。
狙いは、2=7は押切厚めで、三着859の順で勝負目、以下14まで。
抑えは、2-85914-7間ハサミ。
⑦守澤が外に牽制して、内から掬われた時は、2-589-589。
勝負は、2-7-859。

 前橋 寛仁親王牌(初日)7レース S級一次予選

syote 358 714 692

 9-2 280円

 9-2-7 810円

zendan

⑥神田の抑え先行、⑦天田は中団狙い。
③佐藤のカマシ捲り何処まで。
⑥神田は中部の先輩を連れて逃げるだけ。
問題は⑦天田の考え。
横の甘い⑨竹内の位置を攻めれば、③佐藤のカマシに併せて出て行かなければならない。
⑥神田が良くない近況なので、⑦天田は中部を出して、⑨竹内に番手捲りさせてから、追い込み勝負と観た。
③佐藤は⑦天田の動き次第になる。
狙いは無風条件で⑨竹内。
一旦調子は落ちたが、馬付きで無風ならば勝って当たり前。
後ろの②金子は練習充分で、差し目も警戒して。
決まれば、9=2は9頭から厚めで、三着7が勝負目、以下15。
抑えは⑦天田が中部分断で、5=3-8と、5-8-3。
勝負は、9=2-7。

 前橋 寛仁親王牌(初日)9レース S級一次予選

syote 52 719 43 68

 7-9-1 970円

zendan

⑥佐々木の抑え先行体制、④中井がカマシ。
⑤杉森は中団狙いで、⑦山崎の捲りが決まるかで。
まともに決まれば⑦山崎の捲り一撃。
だが、番手の①大塚は千切れそうで。
ついて行っても三番手から⑨渡部が兄弟子を差してこそ。
波乱は⑦山崎不発で、先手のハコと観た、③川村の頭ヒモ。
まずは、7-2358-23568。
3=2578-25678。
抑えに、7-9-1。