2017年8月2日 的中結果

 岸和田競輪(初日)第9レース S級予選

syote 1(56) 92 8 743

sanfuku 三連単のみ

 1-7-4 2220

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑦谷口の抑え先行体制、⑨上吹越は中団で、単騎の⑧松澤が追走か。
①近藤は引いて、カマシが捲り決まるかで。
前回は全くだった①近藤。
最終日の一着も、前で後輩の齋藤が頑張っただけ。
急に良くはならないが、今日は流石に負けられない相手と番組。
⑦谷口は、逃げて①近藤を潰すレースより、一人出させて、中部三人権利を獲る方が固い。
近況は徹底先行でもないし、番手の④上田に仕事を任せてハマり込み狙いか。
⑨上吹越は中団キープして、捲り狙い。
以前の①近藤ならば、⑦谷口を突っ張り、⑤片寄と決めるレースまで考えられたが、最近はそんなレースもしない。
狙いは、①近藤の頭から中部へ流し、飛ばしの目も狙う。
①近藤のカマシ捲りが決まれば、1-2347-2347。
①近藤不発なら、⑦谷口も脚を使うので、②飯田の100勝メモリアルフォーメーション、2-3479-34789。

 岸和田競輪(初日)第10レース S級予選

syote 591 247 386

 4-2 1270

 4-2-7 2290

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

③矢口の抑え先行、⑤森川は中団狙い。
②太田のカマシ捲りが決まると観た。
また最近は徹底先行に戻している③矢口。
やはり持ち味は強地脚で、逃げて調子も上がっている。
しかし今日の敵は、一皮剥けた②太田。
捲りとは決めず、③矢口が掛かる前に踏んだ方が固いか。
問題は番手の④山本。
まだ捲りはあるので、マーク屋が追走するより、信用出来る。
しかし皆が追走に苦しむ②太田だけに、千切れた目も抑えには必要。
狙いは、2=4は押切厚めで、三着73が勝負目、以下5。
抑えに、2-3から85厚め、以下96。
2-7-4の付きバテは元か半返し。
勝負は、2-4-73と、2-3からでも配当次第では勝ちたい。

 岸和田競輪(初日)第11レース S級予選

syote 716 924 538

 9-2 190

 9-2-3 780

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑤才迫の抑え先行、⑦藤田は中団。
⑨野原のカマシ捲りが決まると観た。
ムラの選手代表と言える⑤才迫。
いつ走るか読み難い選手だが、素質だけは点数以上。
ここは、上り調子の⑨野原相手に、逃げて何処まで粘れるかのレースか。
⑨野原は家族が出来て、素質開花した。
前回の調子をキープしていれば、難なくクリアー。
問題は番手の先輩②鷲田。
弟よりかは、点数も脚も上だが、甘いレースも目立つ。
まともに決まれば福井ワンツーだが、千切れた時は、逃げた⑤才迫のハマりを。
三番手の④山崎は、昇級後のレースを見れば、千切れそうで。
狙いは、9-2から53が勝負目、以下714まで。
抑えに、9-5から38厚め、以下71。
勝負は、9-2-5、そして3。
9-5からでも、配当次第では勝ちたい。