2017年7月28日 的中結果

 青森競輪(最終日)第10レース S級特選

syote 9167 248 35

 3-4 990

 3-4-2 2980

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑨佐藤の突っ張り先行、②田中は中団、③パーキンスのカマシ捲り炸裂と観た。
なんと準決勝で敗退した③パーキンス。
今までは力だけで通用していたドン尻捲り。
敵もその走りに慣れてきたか、逃げた選手は上手くホームまで流している。
問題は、この相手でも③パーキンスは捲りなのか。
逃がされるであろう⑨佐藤は、要らぬ動きをしてホームでは歩いているか。
そこを③パーキンスがカマス場合もあるが、⑤田村が付いて行けるかは微妙。
意地になって同じレースをするかも知れない③パーキンスだけに、中団から捲り追い込みを撃てる②田中、それに乗る④山口が本線。
抑えに①成田で、⑤田村は見切る。
狙いは、3-2から41が勝負目、以下7。
3-4から21が勝負目、以下7。
抑えに、3-1から42厚め、以下7。
勝負は、本線二つの勝負目。

 小倉競輪(二日目)第7レース S級一般

syote 61 27 38 5 94

sanfuku 三連単のみ

 9-3-8 15070

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑨三田村の抑え先行、単騎の⑤吉岡が追走。
③田中は中団狙いで、②矢野、⑥森山のカマシ捲り何処まで。
徹底先行の⑨三田村だが、得意のパターンはカマシ気味に踏んだ先行。
今日は枠的に後攻めになるが、敵に先行タイプが居ない。
当面の敵は②矢野になるが、⑨三田村と一周モガキは避けたい筈。
ならば案外、縦一列に流れて、⑨三田村ペース。
番手の④渡邉は買い難いので、⑨三田村芯で変目期待のフォーメーション。
9-123578-123578、裏は237-9-123578。
獲り損があるかも知れませんが、別口で抑えるなど考慮してください。
地元の①松尾や、⑤吉岡、⑨泉が絡めば、マシな配当か。

 小倉競輪(二日目)第9レース S級準決勝

syote 52 8 936 714

sanfuku 三連単のみ

 5-2-1 1180

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑦島川の抑え先行、⑨伊藤は中団。
⑤バベクのカマシ捲り何処まで。
⑦島川が先行宣言。
ドンくさいし、流す癖もあるので全面信用出来ないが、逃げてこその相手。
⑨伊藤は冷静に、中団が獲れる番組。
番手の③山内もその作戦で。
やっと競輪に慣れてきた世界チャンピオン⑤バベクは、最終ホームから仕掛けるロング捲り。
狙いは⑨伊藤。
以前のひ弱さが無くなり、今は逃げても捲っても中部では上位の存在。
一着獲れるレースが出来るので、上手く後続を牽制して⑤バベク相手に先捲りや飛び付きも。
②和田は前回根田に千切れた印象が残る。
狙いは、9=5は折り返し五分で、三着21厚め、以下73。
9=2は9頭から厚めで、三着5厚め、以下173。
抑えに、5=2は折り返し五分で、三着9厚め、以下17。

 小倉競輪(二日目)第11レース S級準決勝

syote 71 264 93 85

 7-9 650

 7-9-6 9060

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑧工藤が抑えて、⑨高久保の先行。
②吉田は捲りか、カマシで、⑦ブフリの捲り炸裂。
試したいことがあると言う②吉田だが、先行宣言する⑨高久保相手にカマシ気なのか。
常識的に考えれば捲りだろうが、それなら試す必要もないが。
⑧工藤は勝ち上がり方を覚えたので着狙い。
狙いは⑦ブフリ。
風邪を引いたみたいだが、外国人選手にとって、ドームは圧倒的に有利。
例え八番手に置かれても、豪快に捲り斬る。
番手の①神山は、落車後でもあり、抑え評価。
狙いは、7-3から589の順で勝負目、以下6。
7-5から38が勝負目、以下96。
抑えに、7-9から63厚め、以下85。
7-1から35厚め、以下86。
勝負は本線二つ。