2017年7月23日 的中結果

 福井競輪(二日目)第10レース S級二次予選

syote 51 392 7 846

 9-3 250

 9-3-2 590

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑧高木の抑え先行体制、単騎の⑦上野がその後ろで様子見か。
③太田はカマシ捲りで、⑤近藤の捲り何処まで。
初日は逃げた⑧高木だが、以前S級に居た時を思い出しても、気風の良い先行屋ではない。
まして抑え先行の番組で、逃げれば九着は見えている。
例え死ぬ覚悟であったとしても、③太田がその気になれば、スピードの違いで、叩き斬る。
⑤近藤は、前でやり合いになったとしても、捲れるイメージが沸かない。
八番手に置かれて、ギリギリ捲り追い込むケースは考えられるが。
狙いは③太田で、初連携である⑨岩津が差せないを狙う。
決まれば、3=9は押切厚めで、三着25が勝負目、以下764まで。
勝負は、3-9-25と7でも勝ちたい。
裏でも勝てるかはオッズ次第。

 福井競輪(二日目)第11レース S級二次予選

syote 942 317 658

 1-7 280

 1-7-3 500

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥簗田の抑え先行、③野原はカマシ。
⑨松岡の捲り何処まで。
初日の⑥簗田は、先行を考えていたが、丹波がやる気だったので下げたと。
二度同じ戦法は、再度⑨松岡にも通用しないし、今後を考えれば抑えて駆けてこそ。
対する地元③野原は、①村上とは初連携。
初日脇本があんなレースをして、すかしたので、一着狙いではなく、ラインで決める競走と観た。
ならば⑨松岡の捲りまで警戒するが、そこは①村上が牽制するか。
④荒井はコースを突く選手ではないし、外を踏めば遠い。
②大坪は④荒井にも遠慮をするので、遠いと観た。
⑥簗田も出脚は鋭いが、今は脚も経験も気合も③野原が上で。
狙いは①村上から。
1-7から39が勝負目、以下452。
1=9は折り返し五分で、三着7厚め、以下43。
抑えに、1-3から7厚め、以下9。
勝負は、一点目だが、二点目では配当勝ちしたい。

 平塚競輪(最終日)第6レース S級一般

syote 19 3 5 6 4(78)2

sanfuku 三連単のみ

 9-1-5 3330

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

④馬場の抑え先行体制を、①太刀川がカマシ捲りで決めると観た。
④馬場の番手競りは、両選手、買える状態ではないので見切る。
⑥對馬も全くなので買えない。
③土岐に⑤守安は自力がないので、一着はないか。
ならば消去法で、頭は①太刀川か、番手の⑨中曽。
展開ハマれば、④馬場の三車。
三車の頭だが、①太刀川の頭ヒモフォーメーションで配当待ち。
1-3459-3459、裏は、49-1-3459。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る