2017年7月17日 的中結果

 伊東競輪(最終日)第6レース S級選抜

syote 714 28 35 69

 1-7 320

 1-7-9 2650

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥佐藤が抑えて、⑦脇本の突っ張り先行。
③横山は捲りで、②坂本の捲り追い込み何処まで。
突っ張り先行をする選手は減っているが、小回りの33バンクでは常に警戒しなくてはならない。
枠負けの⑥佐藤の抑えを、⑦脇本が突っ張れば、下げた南関両者が中団に下りて縺れる。
⑦脇本は、後輩①古性に任せて逃げれば、近畿で決まる番組。
①古性は、⑦脇本の犠打で、地元記念を獲らせてもらった。
前回連携した取手でも、差さずに前を残したので。
⑦脇本が脚を使っても①古性はギリギリまで守るので、銭は捲り追い込みの②坂本。
狙いは、1=7は折り返し五分で、三着24が勝負目、以下935まで。
2=1も折り返し五分で、三着7が勝負目、以下48。
抑えに、127BOX。
勝負は、1=7-24と、2=1-7。
まとめれば、127の三連複。

 伊東競輪(最終日)第6レース S級選抜

syote 72 91 35 6 84

 7-2 760

 7-2-1 3130

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑧原田が抑えて。③深谷の先行体制、単騎の⑥岡村が追走か。
⑨三谷がカマシて、⑦新田の捲りが決まると観た。
⑧原田は枠負けで、後攻めから踏みながらの中団狙いか。
ならば③深谷が先頭に立つのは赤板過ぎ。
連日展開に恵まれている③深谷だが、落車の影響はある。
準決勝レース後も顔をしかめていたし、勝ちに行くレースはしないと観た。
対する⑨三谷は⑦深谷を捲ってダービー王となったが、自在で勝っただけに、まだ拍がない。
①村上が番手でなければ勝ちに行きそうだが、今日こそは⑦深谷相手に先行か。
その展開になれば、⑦新田の捲り頃。
②渡邉も⑦新田が捲れば、ほぼワンツーなので千切れはしないが一点目。
もし⑦深谷が⑨三谷をスルーすれば、①村上と⑤浅井の直線勝負か。
狙いは、7=2は折り返し五分的も、押切厚めで、三着15が勝負目、以下46。
裏の本線は、1=5は折り返し五分で、三着93が勝負目、以下6472まで。
抑えに、7-1456-12456。
④園田と地元⑥岡村で、1=46-全。
勝負は一点目で、続く二点目。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る