2017年7月15日 的中結果

 武雄競輪(初日)第9レース S級予選

syote 751 82 39 64

 7-5 160

 7-5-2 840

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥堀の抑え先行体制、③守谷が追走。
⑧木村がカマシて、⑦ボスの捲り炸裂。
先行は⑧木村で、その上を⑦ボスが悠々と捲る。
番手の⑤佐藤は好調中なので千切れはしない。
問題は三着だが、地元①三槻に意地。
外国人選手の三番手は最終ホームで千切れているパターンが多いが、展開的には前で重なる気がする。
⑦ボスが縦一列七番手からの捲りでは、①三槻は辛いが、⑧木村がカマシと観て。
もし①三槻が迷子ならば、③守谷の捲り追い込み。
狙いは、7=5は押切厚めで、三着13が勝負目、以下2。
勝負は、7-5-13。

 武雄競輪(初日)第10レース S級予選

syote 327 519 648

 3-7 800

 3-7-2 1190

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥金野が抑えて、⑤山本の先行体制。
③パーキンスのカマシ捲りが炸裂。
⑤山本はA級時代から見ているが、決してレースが上手いとは思えない。
逃げて強いイメージはなく、S級で活躍するためには、逃げて脚を作る時だが。
③パーキンスのカマシ先行まで考える。
⑤山本がジャンから飛ばすなら③パーキンスは捲りだが、前が流せばカマシも充分。
問題は番手の②菅原が付いて行けるか。
前回は珍しく調子が良いと言っていた。
例え千切れても、この相手なら自力を出して追い付くか。
狙いは、②菅原が離れ気味で追い付き、脚を使ったパターン、3-7から2が勝負目、以下1。
3-2から7が厚め、以下1。
抑えは、②菅原のブッチギレで、3-15-159。
勝負は、3-72-72。

 伊東競輪(初日)第6レース S級予選

syote 71 624 8 935

sanfuku 三連単のみ

 1-7-8 3430

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑨山田が抑えて、⑥根本の先行。
単騎の⑧佐藤は流動的で、⑦石井の捲り何処まで。
人気は、⑨山田と⑥根本がやり合って、⑦石井の捲り。
だが、⑨山田は後ろが中部では先行はないと観た。
落車後で調子はイマイチだが、G2の予選二着権利で捨てのレースはしない。
もう先行屋ではないので、この相手ならば中団は獲れる。
⑥根本は当てに出来ないが、⑨山田と息が合えば先行か。
前を叩くのが早過ぎた場合は、一気に⑦石井に叩かれるが。
狙いは、⑦石井の捲り不発を狙ってのフォーメーション。
単騎の⑧佐藤が前々に踏んでスジ違いならば高配当か。
2368-23468-234568。
抑えは1=7-2683で元獲りか半返し。

 伊東競輪(初日)第10レース S級予選

syote 519 628 437

sanfuku 三連単のみ

 5-1-3 1330

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

④池田の抑え先行、⑥鈴木は中団狙い。
⑤原田のカマシ捲り何処まで。
④池田の逃げを、⑥鈴木が叩きに行けば、楽勝で⑤原田か。
だが⑥鈴木も考えて走れば、位置取り出来ない⑤原田なので、中団は獲れる。
いくら番手が②海老根だとしても、予選で二弾駆けはないと観た。
狙いは③後閑。
番手捲りは封印しだが、早めの踏み込みはやっているので。
⑤原田と①岩津の相性も最近はイマイチで、⑥鈴木の走り一つで波乱も充分。
狙いは、3=2567-1245678。
抑えは、⑥鈴木がハッスルして、5-1-293と、5-2-831は元か半返し。

 伊東競輪(初日)第12レース S級特選

syote 72 43 91 5 68

 7-2 670

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥渡邉の抑え先行、⑨稲垣はカマシ。
④深谷、⑦平原は捲りで、単騎の⑤新田は一発狙い。
地元⑥渡邉が見せ場を作っての先行か。
だが、⑨稲垣も①村上が番手ならば初日は行くので。
前回久留米記念で⑦平原を落車させた⑨稲垣は、最近の①村上の走りを見れば、前で死ぬと決めているか。
④深谷はインタビューを見ても元気がない。
出るか悩んでいたくらいの調子では買い難いので。
③浅井も練習中の落車で、⑦平原の落車も初日見てからなので。
ならば単騎で何度も勝っている⑤新田が狙い。
内にさえ詰まらなければ、捲れるので。
作戦は京都の三番手かも。
狙いは、5=7は5頭から厚めで、三着2が勝負目、以下183。
⑤新田より先に⑦平原が仕掛けると、2=7は差し目が厚めで、三着51が勝負目、以下83。
抑えには257BOXで縦目を拾う。
⑤新田頭の、5-138-12378。
勝負は本線二つの厚めと、安いが257の三連単BOXか三連複を抑えて。