2017年6月30日 的中結果

 久留米競輪(二日目)第12レース S級優秀

syote 237 18 5 694

 9-4 340

 9-4-2 2130

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥長島の抑え先行、⑤守澤が追走。
①稲垣は②深谷の動きを観て中団で、②深谷のカマシ捲り何処まで。
⑥長島は、今年の大宮記念からの流れで、⑨平原を連れて先行するしかない。
最近番手戦も増えて、初日もマーク策だったので、今後を考えれば死んでこそ。
対する②深谷の初日は強かったが、本人が言うように、展開に恵まれた。
①稲垣も同じで、野原が楽逃げで、後続で縺れていた。
ならば本当に強かったは、⑨平原。
早坂が踏んだのは1センター過ぎで、それを七番手から捲り斬ったのは調子が良い証拠。
例え、②深谷の⑥長島がカマされても、③坂本か⑦岩津を飛ばしてスイッチか。
狙いは、9=4は9頭から厚めで、三着53が勝負目、以下12。
抑えに、9-3152-4の間ハサミ。
④後閑が迷子で、9-123-123。
勝負は、9-4-53と1でも勝ちたいが。

 奈良競輪(最終日)第11レース S級決勝

syote 28 53 471 69

 2-8 2750

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥堀内が抑えて、④川村の先行。
⑤太田がカマシ捲りで、②飯野の捲り何処まで。
今の④川村と⑤太田であれば、受けて立つ感じは⑤太田の方で。
①中村まで続く近畿三車であれば、④川村は⑤太田相手に先行か。
対する⑤太田は、基本はカマシか捲り。
例え③近藤が上手に煽ったとしても、早めのカマシと観た。
ならば⑦稲川が芯。
展開向きそうなのは、②飯野の捲り。
⑥堀内は準決勝を見ても、踏まない、着拾いか。
狙いは、7=2は折り返し五分で、三着18が勝負目、以下43。
7=1は番手捲りも含めて、7頭から厚め、三着24が勝負目、以下36。
抑えに、7-4から21厚め、以下36。
裏の本線的に、2=8は押切厚めで、三着7厚め、以下69。
勝負は、本線二つの勝負目と、2=8からでも勝ちたい。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る