2017年6月17日 的中結果

 岸和田競輪(三日目)第9レース S級特選

syote 528 916 374

 1-9 370

 1-9-6 1360

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は他にもある。
⑨竹内⑤河端の、過去の対戦を見ると、⑨竹内の先行を⑤河端がホームで仕掛けるレースが多い。
やり合いを待っているのは③山中だが、どちらかがスルーして出してしまえば七番手。
ならば例え⑨竹内ができれなくても、そこから自力を出せる①浅井が芯。
⑨竹内は⑤河端を意識して先に逃げるので、1-9は抑え評価。
狙いたいのは、③山中の捲りに、それに乗る⑦海老根の伸び。
まずは、③山中の捲り斬りも含めて、1=3は折り返し五分で、三着62が勝負目、以下749。
1-7から96が勝負目で、以下234。
抑えに、1-9から76厚め、以下2。
1-6から97厚め、以下3。
勝負は本線二つだが、三着混戦なので、二車単をお勧めします。

 岸和田競輪(三日目)第10ース S級特選

syote 93 514 27 68

 9-1 1110

 9-1-8 14370

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥松川が抑えて、②渡邉雄の先行体制。
⑤稲毛がカマシて、⑨渡邉一の捲り決まるか。
二車でも②渡邉雄が逃げれば、①稲川を連れた⑤稲毛もカマシて出る。
ならば、調子は良いと思えないが、⑨渡邉一の展開で。
例え調子が悪かったとしても、展開が向けば捲れるか。
番手は過去に千切れた事もある③和田。
①稲川は、⑤稲毛が踏んでくれたら、⑨渡邉一の捲りにスイッチ。
狙いは、⑤稲毛が最終ホームから仕掛けると観て、⑨渡邉一の捲り。
9=1は9頭から厚めで、三着47が勝負目、以下83。
9=3は押切厚めで、三着1が勝負目、以下78。
抑えは、⑨渡邉一不発で、①稲川の意地、1=4は1頭から厚めで、三着79厚め、以下8。
勝負は、本線二つの勝負目。

 岸和田競輪(三日目)第12ース S級東王座

syote 36 14 925 78

sanfuku 三連単のみ

 2-5-3 1150

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑦郡司が差終えて、⑨吉田の先行。
①石井、③新田の捲り何処まで。
⑨吉田の逃げで、位置取りは⑦郡司で、③新田、①石井はカマス勇気があるのか。
最初に踏んだ選手は②平原の餌食に。
その②平原は、昨日も横山のために前を獲ったくらいで、
今日も⑨吉田には勝つ競走をしてほしいと。
しかし、連日不甲斐ない⑨吉田にその余裕はないか。
②平原は番手捲りはせず、決勝に⑨吉田を連れて行きたい。
ならば、②平原の取りこぼしの二着や、⑤武田が踏み切れず三着も、充分あり得る。
狙いは②平原だが、番手捲りではないと観て。
⑦郡司の捲り追い込みは、2=7は2頭が厚めで、三着5が勝負目、以下34。
2=5は2頭から厚めで、三着734の順で厚め。
抑えに、3=2は3頭から厚めで、三着5厚め、以下74。
好調④和田は、2=4は2頭から厚めで、三着5厚め、以下73。
5-2は、番手捲りではなく、②平原が外に牽制し、⑤武田のコースを開けた時。

 松戸競輪(二日目)第12レース S級準決勝

syote 316 295 8 74

 3-1 190

 3-1-9 380

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑦箱田が抑えて、②不破の先行体制。
単騎の⑧原田が追走、③ボスのカマシ捲り炸裂と観た。
初日は展開が向いた③ボスだが、ここも例え七番手になっても巻き返す。
問題は番手の①伊勢崎だが、⑨志智の牽制さえ越えれば、付いて行けるスピードと調子。
だが、マークが上手い選手ではないので、抑えは必要。
まともに決まれば3-1だが、①伊勢崎が迷子なら、⑨志智に、逃げ粘る②不破。
3-1から9が勝負目、以下2。
抑えに、3-9から2厚め、以下5。
3-2から95厚め。
初日三番手で付いて行けた⑥坂西だが、千切れ気味ではあったので、
そこは⑨志智が捌くと観て見切った。
⑦箱田が逃げるなら、それはそれで③ボスを引き出す。
勝負は、3-1-9で、3-9=2でも勝てるかはオッズ次第。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る