2017年4月19日 的中結果

 松戸競輪(初日)第7レース S級予選

syote 719 258 346

 2-3 4940

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

③小川の抑え先行、⑦蒔田は中団狙いで、②石塚のカマシ捲り決まると観た。
③小川は前回川崎記念で、同期の三田村と連日対戦し、結果も残した。
ここもしっかり主導権を握り、持ち味の地脚を生かしてこそ。
だが、③小川を上回る勢いは、近畿若手期待の②石塚。
S級では先行主体に戦うも、捲りも出来るタイプ。
初の小回り松戸バンクだけに、終始七番手では危ないも、ホーム手前からスパートすれば捲り斬るか。
番手の⑤神田は甘いが、付いては行くと観てが一点目。
抑えは前回松戸優勝の⑦蒔田。
狙いは、2=5は押切厚めで、三着37が勝負目、以下18。
抑えに、2-71-71。
2-3-4716は③小川のハマり。
勝負は、2-5-37。

 和歌山競輪(初日)第9レース S級予選

syote 375 691 8 42

sanfuku 三連単のみ

 7-8-3 26050

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は、⑥金山と④守谷の入れ替わりもある。
先行は④守谷になるか、それとも三車となった⑥金山が行ってみるのか。
⑥金山が④守谷に襲い掛かれば、③矢野の捲り頃。
しかし⑥金山が④守谷を出して、③矢野が内に詰まったり、七番手になれば、⑧藤岡の捲りが銭。
狙いは③矢野の捲りから狙って、⑧藤岡の頭ヒモで高配当狙い。
まずは、3=7は押切厚めで、三着58厚め、以下29。
そして、8=2379-23479で配当を待つ。

 和歌山競輪(初日)第11レース S級初日特選

syote 17 28 46 3 95

sanfuku 三連単のみ

 1-7-4 4210

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は⑨和田の前受けもある。
案外、枠負けの⑨和田が、単騎の③牛山まで連れて抑え先行まであるか。
ならば自在の④小川まで追走。
引いた①古性は内から②小松崎を突き、⑨和田の逃げを師匠を連れた②小松崎がカマスか。
ならば①古性の捲り。
⑦椎木尾は地元の意地で千切れないし、三着が焦点。
⑨和田が前受けでも、②小松崎の逃げを、①古性は脚を使って捲るか。
狙いは、横は封印しそうな①古性なので、地元⑦椎木尾の差し目から。
7=1は五分的も差し目が厚めで、三着28厚め、以下394。
抑えに、⑨和田が捲り追い込みで、179BOX。

 久留米競輪(二日目)第11レース S級準決勝

syote 2(91)(37)5 6 48

 2-4 580

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

④大西が抑えて、単騎の⑥中村が追走。
②三谷はカマシでぶっちぎるか。
焦点は、②三谷の番手競り。
⑨東口は横の捌きが上手なタイプではなく、縦選手。
対する①大槻は、縦はないが根性マン。
②三谷が突っ張り先行すれば、両者のどちらかが三着になるパターンもあるが、天才④大西がキッチリ抑えれば、番手競りは共倒れ。
③志智は以前、番手競りの三番手で脚をためて、捲り追い込んだレースがあった。
後ろは中部の⑤松崎なので、三着狙いではなく、二着狙いで追い上げもある。
狙いは②三谷の頭で、③志智の縦脚に期待。
決まれば、2-3から5が勝負目で、以下468。
③志智がロング捲りになるなら、2-5から3厚め。
抑えに、④大西のハマりで、2-46-3468。
勝負は、2-3-5と、2-3の二車単。