2017年4月15日 的中結果

 高知競輪(初日)第8レース S級一次予選

syote 35 179 8 426

 7-1 290

 7-1-9 540

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

④篠原の抑え先行体制、①取鳥はカマシ捲りで、単騎の⑧平田が追走。
③岸澤の捲り何処まで。
前回落車明けの④篠原は、叩かれるが一度は先頭に立ち、権利の四着までに入るレースしかない。
③岸澤も展開を観て、捲りで権利を獲れるならのレースになるか。
①取鳥は、地元の⑦佐々木とは二度目の連携で、前回は競りがあり自分のレースをしただけに、今日は考えての走り。
問題は地元⑦佐々木が付いて行けるかだが、初日から競られる番組ではないので、気合で付いては行くと観た。
三番手の⑨北村も捲りがある選手なので、付いて行くと信じる。
狙いは、地元瀬戸内三車で決まる車券。
1=7は押切厚めで、三着9が勝負目。
抑えは縦目の179BOX。
勝負は、タイミング次第で差し目もあるが、1-7-9が勝負で、以外の三着を抑えるなら、安いが二車単も考慮してください。
179BOXは、突き抜けも含まれますが、配当次第で179の三連複を抑えて。
決まれば179三人か。

 高知競輪(初日)第9レース S級一次予選

syote 417 256 938

sanfuku 三連単のみ

 1-4-7 1350

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は他にもある。
インフルエンザで調子を落とした④島川がどれだけ戻しているのかと、S級で通用するのかが焦点。
同県の太田よりも度胸がある④島川なので、こんなメンバーなら普通に勝ってしまいそうだが、人気になるので初戦は疑いたい。
ならば負けることを考えるなら、先行して足れる展開。
狙いは地元①野本。
川崎記念帰りの②藤田より、最近調子落ちの⑨松山よりも、ここに向けての気迫が違う。
④島川が最終的には主導権を獲りそうで、もし獲れなくても、良いところまでは①野本を連れて行くか。
①野本からのフォーメーションで、スジ違いが決まれば。
1-3457-234579、裏は、345-1-234579。

 高知競輪(初日)第10レース S級初日特選

syote 297 651 834

 2-7 3150

 2-7-9 5610

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑧横山の抑え先行、⑥小原は中団か、カマシも考えて。
②深谷のカマシ捲り決まるか。
⑧横山は、後ろを考えれば初日特選では抑えて先行か。
問題は追加で来た⑥小原が、地元記念準優勝で気を良くして逃げる場合も考えられる。
しかし⑧横山がやる気ならば、叩き合いまでは意味がないし、並走すれば下げる②深谷なので中団からが本線で。
②深谷は中団内で粘ることもあるが、500バンクを考えれば、早めに下げるか。
番手の⑨小倉は急な追加で、万全とは言えないので。
③神山は番手捲りはしないので、②深谷か⑨小倉を止めてこそ。
狙いは②深谷の七番手捲りからと、不発の場合も含めて、前に居る③神山が芯。
まずは2-3から45が勝負目、以下9。
2-4から3が勝負目。
4=3は折り返し五分で、三着5が勝負目、以下268。
抑えは⑥小原のカマシを含めて、2-9から7厚め、以下534。
2-7から9まで抑える。
勝負は三点目までと、配当次第で、2-9-7でも多少は勝ちたいが。