2017年4月14日 的中結果

 前橋競輪(最終日)第11レース S級決勝

syote 29 83 714 56

sanfuku 三連単のみ

 3-9-2 8280

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑤牛山が抑えて、②守谷が一度突っ張り中団狙い。
⑦根田が先行で、⑧太田のカマシ捲り何処まで。
無風のドームが合っていると言う⑧太田だが、⑦根田との四度の対戦は、何れも⑦根田がバックを制している。
昨日も⑧大田に捲られているだけに、捲らせない先行を考えていると観た。
ならばカマシではなく、抑え先行をしてこそ。
カマシに行けば、逃げる振りを覚えた⑧太田は、奈良記念、昨日準決勝同様、絶好の中団を得るので。
位置を獲るなら、今の⑤牛山よりは②守澤の方が上。
しかし両者共々調子はイマイチで、両ラインから狙えるのは⑨和田。
調子は③金子が絶好だが、コースが突けないので、①海老根が昨日のリベンジで、⑧太田を持って行った時、外に膨らむ場合も。
その時は⑨和田の内突きと、遠慮をしないを条件に④東の突っ込みが大波乱。
狙いは、①海老根もイマイチなので、⑦根田の逃げを狙ったフォーメーションが一点目。
抑えは、⑧太田が仕掛けて③金子の頭。
7=13489-123489。
3-1789-12789。
獲り損があるところは、別口で抑えるのを考慮してください。

 松山競輪(最終日)第8レース S級特選

syote 29 73 6 8514

 5-1 310円

 5-1-4 840

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑧野口の抑え先行、単騎の⑥上吹越は流動的。
②大西は中団狙いで、⑦佐藤のカマシ捲り何処まで。
徹底先行タイプの⑧野口は、⑤藤木とは初連携で、しかも中部が付いて四車となれば、行くしかない。
出脚がないので、中団からカマスより、抑えて駆ける方が得策。
②大西は昨日を見ても解るように、今は位置に拘る。
捨て身でカマシたところで九着なので、理想は⑦佐藤を動かしての捲り。
しかし⑦佐藤も、気風の良いレースをしなくなった。
番手が③佐々木だけに、⑧野口が流すようだと行くかも知れないが、二車でカマシても⑤藤木は切り替えて三番手。
狙いは、その⑤藤木。
最近マシにはなっているし、足場があるのはプラス材料。
決まれば後ろの①吉村とワンツーか。
5=1は5頭から厚めで、三着34が勝負目、以下89。
そして、5-3から1厚め。
勝負は、5-1-34と、5-3-1。