2017年3月26日 的中結果

 松阪競輪(二日目)第3レース S級選抜

syote 518 927 634

sanfuku 三連単のみ

 5-2-9 2160

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥魚屋の抑え先行体制、⑨藤井がカマシて、⑤鈴木の捲りが決まるか。
初日の⑥魚屋は、消極的なレースが多いからか、誰も付いてくれず、単騎のレースに。
今日は、今後のためにも、先行宣言。
対する⑨藤井は、意外にも、流して叩かれた。
配分が詰まっていたし、疲れと練習不足もありそうで。
初日狙った⑤鈴木だが、ドンピシャのタイミングで佐藤一に牽制された。
それさえなければ、行き斬る勢いだったので、今日こそは捲りを決めると観て、再度狙う。
5=2は5頭から厚め、三着73厚め、以下91。
5=1は押切厚め、三着2厚め、以下9。

 松阪競輪(二日目)第6レース S級二次予選

syote 918 246 735

sanfuku 三連単のみ

 1-2-8 23410

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑦坂本が抑えて、②西村のカマシ、⑨松岡の捲り何処まで。
⑦坂本は、昨年は気持ちが強かったが、今年に入ってからは、先行さえ出来ないレースが多い。
今日も後攻めになれば、中団が⑨松岡になるので、躊躇するか。
ならば、②西村がカマシてこそ。
番手は前回②西村に優勝させて貰った、④舛井。
地元の絆で④舛井が後続を牽制すれば、人気の⑨松岡の飛びか。
狙いは、高配当を期待して、⑨松岡飛ばしのフォーメーション。
1234-1234-123468。

 松阪競輪(二日目)第11レース S級二次予選

syote 296 417 853

 2-9 2040

 2-9-1 5470

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑧黒川の抑え先行、④土屋が強引に叩いて出て、②阿竹の捲り何処まで。
⑧黒川の逃げを、①武田が番手ならば、④土屋が強引にでも行くか。
①武田が付いて行かず、中団もアリで、前が緩んだところを捲り斬ってこそ。
追走の⑦金子はシブトイ選手だが、⑤渡辺の牽制もあるので、
脚で②阿竹、その後ろから内を突く⑨濱田が狙い。
もし①武田が前回高松二次予選のように伸びないなら、四国の捲りか。
狙いは、1=9は1頭から厚め、三着25が勝負目、以下7。
1=2も1頭から厚め、三着9が勝負目、以下57。
抑えは、2=9は折り返し五分、三着1厚め、以下65。
そして、1-7から9厚め、以下25は元獲りで。
勝負は、1-9-2、そして5。
1-2-9も五分評価。
2=9-1でも勝ちたいので、1=2=9の三連複も一考。

 千葉競輪(最終日)第11レース S級特選

syote 15 932 6 478

 3-1 1230

 3-1-6 11250

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

④飯田の抑え先行、単騎の⑥西田が追走か。
⑨菅田はカマシで、①川口の捲り何処まで。
④飯田は逃げてこその選手なので、抑えて本線ラインに対して抵抗。
対する⑨菅田は、三年前に一度連携した③山崎を連れて、迷惑を掛けない先行を。
ならば③山崎は、⑨菅田が出来れなくても、①川口の捲りを意識して、番手捲りで人気に応えるか。
昨日のこともあって、ここは③山崎が一着狙いで踏むと観る。
狙いは、3-2から65が勝負目、以下17。
3-651-2の間ハサミ。
抑えは、②手島が迷子で、3-651-6517。
前に居そうな⑦勝瀬だが、連日の脚を見ると良くないので、三着評価で抑えにした。
勝負は、3-2-65で1でも勝ちたい。
そして続くは、間ハサミ車券になる。

 千葉競輪(最終日)第12レース S級決勝

syote 154 3 6 7 298

sanfuku 三連単のみ

 1-3-5 8380

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は、②永井と①吉本の逆もある。
②永井は逃げてこそで、①吉本は二分戦の捲りなら固いとは言えない。
そこで狙いたいのは、③齋藤の捲り追い込み。
調子は前回玉野から、密かに絶好調。
昨日の中割も、展開だけでなく、千葉バンクとの相性も良い。
各番手の⑤小岩、⑨近藤が甘いので、中団確保から、直線強襲を狙いたい。
相手は絞れないので、手広く流して配当待ち。
3-156789-156789で、裏は1789-3-156789。