2016年7月31日 的中結果

 弥彦競輪(二日目)第8レース S級二次予選

syote 836 925 417

sanfuku 1=4=7 320円

 1-4-7 700

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

④取鳥の抑え先行、⑨土屋は先行する振りしての中団狙いか。
⑧伊原は、展開見ての捲り何処まで。
④取鳥は、前回平塚準決勝で、小倉が番手の時と同じく、抑え先行で勝負。
問題は、②後閑を連れた⑨土屋がやり合い覚悟でやるのかで。
過去に②後閑がマークをした時は、殆どが死にのレースをした⑨土屋。
しかし前回支援レースでは、同県先輩池田がマークしても捲りだった。
④取鳥は絶対に下がらないし、やり合えば準決勝へはいけないので。
ならば⑧伊原相手には中団が獲れるので、②後閑にもチャンスのあるバック捲りと観たが。
狙いは、①岩津からで。
⑨土屋が例え喧嘩を売ったとしても、今の②後閑ならば、まだ①岩津の方が上で。
慌てて仕掛けるであろう④取鳥を残しながら、最低二着はキープか。
面白いのは、④取鳥のハイペース、⑨土屋もある程度抵抗して、
⑧伊原の捲りに乗る、③朝日の伸び。
1=7は、⑦橋本は汚いので裏目も抑えて、厚めは差し目で、三着423厚め、以下9。
1=3も1頭から厚めで、三着72厚め、以下84。
抑えに、1-4から723厚め。
1-2から74厚め。
完全なるやり合いで、3=8は差し目が厚めで、三着61厚めも少々。
三連複は、①岩津、③朝日が軸で、13=1237=12346789。

 弥彦競輪(二日目)第9レース S級二次予選

syote 9(13)(57)8 426

 9-2 590

 9-2-4 1110

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は、④谷口の前受けもある。
④谷口が抑えて、⑨早坂が引いて、カマシ捲りが決まると観た。
③田中が、前回福井F1決勝同様、⑨早坂のジカで勝負。
普通に考えれば、⑨早坂は人気なので自分のレースに徹して、一着狙いのカマシ捲り。
④谷口は、飛び付きが狙いでも、先行体制に入ってハマり込み狙い。
ならば③田中は競り勝っても、②濱口の仕事では追走できないと観た。
決まれば、中部両者が番手にハマり、⑨早坂との直線勝負。
抑えは、北の作戦で、④谷口に前を獲らせて、③田中と競らせる策か。
そこを①高橋がイン切りで、北がドッキングか。
狙いは、9=4は折り返し五分で、三着2が勝負目で、以下1657まで。
9-2から4が勝負目で、以下1657。
249BOXは突き抜けを拾う。
抑えに1=9は五分で、5厚めと、1-5-9を。
勝負は、9=4-2で、以下の三着を買うか、二車単か。
そして9-2-4と、249BOX。

 弥彦競輪(二日目)第10レース S級二次予選

syote 295 714 683

9-2-8 4980

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は、⑥竹山の前受けもある。
⑥竹山が抑えて、⑦野口の先行、②川村のカマシ捲りが決まると観た。
先行もある⑥竹山だが、この番組ならば中団狙い。
⑦野口は、番手が①井上なら先行基本も、捲りが主体の選手なので、
②川村にあっさりカマされていることも。
②川村はハードスケジュールだが、間隔が詰まっている方が走る傾向がある。
⑦野口相手には、過去に逃げて、二着に粘っている。
①井上は、前回⑦野口と連携した時は、残しに行って有坂に食われている。
しかし、番手捲りは後味も悪いし、三番手は地区違いの④守安なので、出ないと観た。
狙いは、9=2は、過去に差したこともある⑨椎木尾の差し目が厚め、三着51厚め、以下8。
2-1から48厚め、以下37。
②川村不発で、1-348-346789を抑える。
三連複は、①井上と②川村軸で、12=1234=全。

 弥彦競輪(二日目)第11レース S級二次予選

syote 714 826 539

 1-3 1910

 1-3-7 4460

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑤永井の抑え先行、⑧佐藤は中団狙いで、⑦吉田が引いて、カマシが決まるのかで。
⑦吉田は、スタート牽制の事故点を嫌い、前で受けることが多い。
前受けから、突っ張っても逃げ切る自信はあるようだが、
誘導早抜きの事故点を付けたくないので、下げての勝負。
番手の①平原は、前回⑦吉田と連携したサマナイでは、付いて行かずの捲り追い込み。
そのこともあるので、⑦吉田を二次予選で殺すレースはさせないと観た。
対する⑤永井は、⑦吉田相手に抑えて駆けて、過去に潰している。
腐っても、ダッシュ一本でメダルを獲った選手。
先輩の意地で、着よりも潰すことを考えて走れば、⑦吉田は苦戦すると観た。
ならば、狙いは⑧佐藤。
初日のレースは、岡崎が弱ったが、捲り追い込んだ脚は光っていた。
①平原は前を残しに行くので、ブロックされない位置から⑧佐藤が踏めば、頭まであると観た。
③澤田は⑤永井が叩かれたら、④上原の位置にスイッチしてこそ。
狙いは、8=1は折り返し五分で、三着37が勝負目、以下249。
1=3は1頭から厚めで、三着728厚め、以下94。
抑えに1-2から738厚め。
捲り斬りも抑えて、8-2から13厚め。
1-7から34厚めは、元獲りで。
勝負は、本線二点です。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る