2016年7月30日 的中結果

 弥彦競輪(初日)第4レース S級一次予選

syote 259 734 816

sanfuku 2=5=7 1650円

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑧松田の抑え先行、②竹山が中団狙いで、⑦土屋のカマシ捲りが決まると観た。
⑧松田は、ラインに一枠あるが、⑦土屋が相手なら、抑えて駆けないと、先行はできない。
②竹山は、調子は良いと言うものの、ここ数場所は全く良くない。
ならば、⑦土屋のカマシ捲りで、大丈夫か。
番手の③柴田は、前回を見ると、少しはマシになっている。
幸い、厳しい牽制をする選手は居らず、⑦土屋に付いてさえ行ければ、連は確保か。
同じく、三番手の地元④阿部も付いて行ければ流れ込み。
狙いは、7=3は押切厚めで、三着41厚め、以下52。
三連複は、⑦土屋軸で、7=1235=123459。

 弥彦競輪(初日)第7レース S級一次予選

syote 1758 4 6 932

sanfuku 1=5=7 310円

 1-7-5 740

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑨鈴木の抑え先行、単騎の④古城、⑥長尾が追走、①坂本のカマシ捲りが決まると観た。
⑨鈴木は、①坂本が相手なら捲れないので、先行と言う。
ならば、単騎の両者を引き連れて、抑え先行か。
①坂本も四車とラインは長く、番手が初連携で同地区の先輩⑦内藤ならば、スッと引いて、
早めのカマシを考えるか。
あるいは、突っ張り先行まで多少あるか。
狙いは、⑦内藤芯で。
決まれば、7=1は差し目が厚めで、三着53厚め、以下2。
抑えに、7-5から1厚め。
三連複は、⑦内藤軸で、7=1235=1235。

 弥彦競輪(初日)第8レース S級一次予選

syote 157 428 6 39

sanfuku 三連単のみ

 1-5-7 550

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は、③五日市の前受けもある。
③五日市が抑えて、④亀井が斬って、単騎の⑥黒崎が追走、①取鳥のカマシが決まると観た。
①取鳥は、抑えて駆けても逃げ切れる相手だが、
前回平塚初日の様に、番手の⑤濱田が競られるのを恐れるなら、前受けも。
しかし、③五日市は粘るような選手ではなく、④亀井も粘るよりは、逃げを選ぶタイプ。
⑤濱田は、前回を見ると、多少良くはなっている。
①取鳥が、瀬戸内三人ならば、ラインで決める逃げを撃つと観ての車券。
狙いは、⑤濱田が無風と観て、1=5は押切厚めで、三着72厚め、以下3。
①取鳥が足れるなら、前回落車も大丈夫の②大西が伸びて、125BOXの縦目を抑える。
⑦三ツ石は、①取鳥が強烈ダッシュのカマシなら千切れる場合もあるが、
前回、山下のショートカマシに付いて行ったので。
もし千切れたら、②大西か。

 弥彦競輪(初日)第9レース S級一次予選

syote 259 71 4 836

 2-7 590

 2-7-1 1080

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑧大西の抑え先行、⑦谷口は②吉田を意識して、中団。
単騎の④松村は、九州に付くより、中部に付いた方が、明らかに得策で、②吉田のカマシ捲りが炸裂と観た。
この九州三人では、②吉田相手に何もできないか。
問題は、⑤手島が付いて行けるのかだけ。
⑦谷口は、②吉田相手に何でもすると。
番手の①伊藤も了解済なら、⑤手島が千切れて、②吉田一人で飛んで来ることを願う。
⑤手島にしても、三番手を廻る⑨小沼にしても、すんなりの抑え先行ならば付いて行けるが、
一度引いてからのダッシュ戦では、どう考えても厳しい。
狙いは、⑦谷口が離れながらも捲り気味に出て、中部両者で二着争い。
2-1から74が勝負目で、以下59。
2-7から1が勝負目で、以下4。
抑えに2-5から19厚め。
勝負は、2-1-74と、2-1の二車単、2-7-1で。
以下は元獲りか半返し。

 小倉競輪(三日)第11レース S級決勝

b

syote 916 258 437

sanfuku 1=7=9 2940円

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は、②古性の前受けもある。
②古性の先行体制を、③佐藤が引けずに番手勝負か、その上を④松川がカマシて出るか、捲りになるか。
単騎の⑨杉本は、捲りはないので、カマシがあるかもしれない、九州の後ろに居るかも。
狙いは、地元の①園田。
F1といえども、師匠の名が付いた、冠レース。
④松川もそれは解っている筈なので、ここは①園田を信じる。
本来ならば、勝負レースにしても良いのだが、問題は展開。
調子の良い③佐藤は、九州の逃げなら、中団で良いが、②古性の逃げなら、中団では間に合わない。
九州は抑えて駆けるより、③佐藤が②古性の番手勝負が最高の展開で、
そうさせるためには、前受けか中団は最低欲しい。
狙いは①園田で、相手は手広く狙う。
まずは、絶好調と言える④松川で、1-4から29厚め、以下73。
②古性は1=2は1頭から厚めで、以下97厚め、以下34。
④松川のカマシで、1-9から24厚め、以下73。
抑えに、1-7から94厚め、以下23も少々。
三連複は、①園田軸で、1=2479=234579。
上から本線三つが狙いとなる。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る