2016年4月10日 的中結果

 川崎競輪(二日目)第4レース S級選抜

syote 15 297 63 4 8

 7-2 8000

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は若干微妙だが、枠的に⑥中本が抑えたところを、
自分のタイミングで②荻原がかまして先行と観た。
①小田倉は捲りで、単騎は流動的。
②荻原の初日は、番手の及川に迷惑を掛けたくないと、思い切っての先行だった。
結果的に捲くられはしたが、強風の中、悪くない走りで。
ここも先行タイプが居ないので、気の良い性格である②荻原なら逃げているか。
狙いは、番手の⑨水書より、三番手でメモリアルの懸かる⑦飯田。
直線は「水書に開けてもらいます」は冗談ではなく、中割も。
狙いは、7=9は一応は五分で、三着2厚め。
9=2も五分で、三着7厚め。
2=7は2頭から厚めで、三着9厚めも。

 川崎競輪(二日目)第8レース S級二次予選

syote 71 394 26 85

 7-5 750

 7-5-6 21360

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

初手は、若干②西村と③橋本の入れ替わりはある。
⑧紀井の抑え先行、同期の②西村が追走、⑦木暮は中団で、③橋本がホームからのカマシか。
⑧紀井は、番手が⑤大塚ならば抑えて駆けるか。
それでもロング捲りしか出来ない③橋本は強引にでも踏む。
ならば⑦木暮の捲り頃と観た。
もし上手く⑧紀井が③橋本を出させない先行だとしても、
今回の⑤大塚では、⑦木暮はブロック出来ないか。
狙いは⑦木暮の頭からで、相手も調子が良いスジの①山下と、
脚を溜めての②西村、そして⑤大塚の順。
7-1から25厚め。
7-2から51厚め。
抑えに7-5から23厚めで。

 川崎競輪(二日目)第9レース S級二次予選

syote 379 186 452

 3-1 1330

 3-1-8 5560

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

④片折の抑え先行、①永澤は中団で、引いた③脇本の捲り炸裂と観た。
初日は誘導がのピッチが早かったが、仲の良い中川がインを斬ると観て
抑えるのが遅かった③脇本。
そのために脚を使ってしまい、楽に新田に捲くられた③脇本。
初日が強風だった事を踏まえて、今日は川崎の長い直線も考え、捲りと観た。
埼玉は三人連携で、④片折の先行を番手から⑤山田が出る策か。
①永澤は埼玉に加担をして、番手捲りを打たせてからの勝負。
それでも③脇本の強烈なら捲りが飛び出せば、番手の⑦山内は厳しいか。
狙いは、3-5から21が勝負目で、以下87。
3-1から57が勝負目で、以下28。
3-2から51厚めは配当勝ちか。
抑えに3-7から51厚めで、29を抑えて。
狙いは本線二つ。

 川崎競輪(二日目)第10レース S級二次予選

syote

 9-3 320

 9-3-1 710

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

⑥斎藤の抑え先行を、⑤小笹がカマシて、⑦荒井は京都勢追走、⑨山崎の捲りが決まると観た。
⑤小笹と①藤木は練習仲間で初連携。
最近良いレースをしている⑤小笹だが、初日は反省ばかりの内容。
その反省を踏まえるなら、地元二弾駆けを潰す先行か。
そうなれば自ずとペースも上がり、川崎を得意とする⑨山崎の捲り頃と観た。
初日は流し過ぎて、浅井に叩かれ沈んだが、展開が向けば捲る脚はある。
問題は番手の③小野が付いて行けるかで。
最近調子は良いのだが、前回防府はやや下降気味だった。
今回は追加だし、前回よりも調子が悪い場合、⑨山崎から千切るかは五分。
それなら前に居る①藤木の切り替えが狙い。
9-1から732の順で勝負目。
そして9-3から1が勝負目で、以下72。
抑えに179BOXは、縦目の抑えも、9-7-1では勝ちたい。
②小原は捌きもするので、⑤小笹に叩かれても①藤木の後ろに居る場合もある。
そうなれば、②小原の三着もあるし、ラインが短くなり、余計に⑨山崎の展開になる。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る