2月8日 的中結果

 千葉競輪(初日)第9レース S級予選

syote 258 714 396

 1-7 200

 1-7-3 860

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

③篠原の抑え先行体制を、⑦加賀山がホームからカマシのレースか。
②西谷はまだ戻り斬っていないので、届かずと観る。
枠負けされた③篠原も、500バンクで抑え先行はしたくないので、完全な地元番組。
ならば、⑦加賀山の先行を、地元の御大、番手①鈴木が交わせるか、交わせないかだけ。
まともに決まれば、1=7は差し目が厚めで、三着は4厚め。
以下、39と続く。
抑えに突き抜けの1-4-7は少々で。

 千葉競輪(初日)第10レース S級予選

syote 927 51 8 346

 9-2 170

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

③真船の抑えを、⑤小笹が叩いて先行体制。
引いた⑨吉田が一気にカマシ捲りで決めると観た。
脚はS級トップクラスだが、レースが下手な新鋭⑨吉田。
それはA級時代、カマシ捲りを基本と戦っていたので、
S級の駆けるタイミングや展開を理解していないからか。
なので、どうしても毎度戦い方が異なる。
ここは、⑤小笹が流すタイプだし、③真船の牽制やトリッキーな動きに惑わされないなら、
ラインで決まるか。
番手は甘いところもあるが、縦はあるので千切れはしないと観る②志村。
狙いは9=2は押切厚めで、三着は嵌る5と捲り追い込む3が厚めで、展開次第の7は抑えで。
保険で、9-3から24厚めも抑える。

 和歌山競輪(初日)第11レース S級予選

syote 68 951 2 7 34

 9-5 160

 9-5-3 910

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

③松山が抑えて、単騎の②吉松、⑦隅が追走、⑨渡邉がカマシで決める。
⑥森田はここでは通用しないか。
⑨渡邉芯も、番手が初連携の⑤海野。
多少の縦と根性は認めるが、9-5一点では少々寒い。
付きバテの9-1と、嵌りの9-3を抑える。
狙いは決まれば9-5から13厚め。
抑えに9-1から5厚めと、9-3から2厚めを少々。

 玉野競輪(初日)第10レース S級予選

syote 517 294 8 63

 5-1 200

 5-1-9 620

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

⑥大畑が抑えて、②掛水の先行、単騎の⑧古川が追走、⑤山中がカマシ捲りで。
⑥大畑と②掛水の先行争いとは言わないが、⑤山中で決まる相手。
例え②掛水が前受けで、⑤山中がカマシ先行だとしても、千葉ワンツーで決まると観た。
問題は三着が、カマシ気味の捲りならば、三番手の⑦遠澤は厳しいかも。
ならば、前回②掛水と連携して離れた⑨三ツ石が反省して、
今度は②掛水を三番手に嵌めてやるパターンが銭か。
狙いは5=1は五分的も、捲りと観て押切厚めで、三着は27厚め。
抑えに9を少々。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る