2月6日 的中結果

 向日町競輪(二日目)第8レース S級選抜

syote

 7-5 1030

 7-5-3 1780

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

⑥吉竹の抑え先行を、今日は勝つ競走をする⑦山本がカマシ捲りで決めると観た。
初日は相手が相手だけに、先行と決めていたと言う⑦山本。
せっかく前で受けたのに、抑えたのがジャンでは逃げる距離が長く失速した。
ここは番手が競りなので、後ろは気にせず、今日こそは勝つ競走をする番組で。
問題の番手競りは、④中村相手ならば①市田が競り勝つも、
全盛期の脚ではない状況では、千切れたり、前で捌かれてしまうか。
狙いは⑦山本頭からで、⑥吉竹の逃げに乗る③成清も、三番手の⑤成田の縦脚が面白い。
まずは7-5から3厚め。
7-3から5厚め。
抑えに、7-1から53厚めも。

 向日町競輪(二日目)第12レース S級準決勝

syote 1(72)(49) 8 653

 1-6 1570

 1-6-5 3540

※詳細レース結果はこちら(keirin.jp)

zendan

レース解説

⑥才迫の抑え先行、⑧森田は瀬戸内に追走か、最後方九番手も。
引いた①稲毛がカマシ捲りで。
コメントでは①稲毛は自分の競走と。
番手は地元の①藤木だが、勝つカマシか捲りをする意味か。
番手競りは意地で①藤木が勝つと観るが、
②福田も⑨高木に任せられているし、マーク屋の意地もあるか。
デキは良くないと前検日に言っていた①藤木だけに、
カマシ捲りに競り勝ち、追走出来るかは難しいと観た。
当然、瀬戸内作戦は、①稲毛のカマシに嵌る事は考えているし、
⑤星島も例え①藤木が付いて来ても、一発牽制して、⑥才迫を嵌めてやる動きまであるか。
だが、近畿の絆を見せるなら、①稲毛の突っ張り先行。
内の①藤木、真ん中の②福田が外の⑤才迫とのアンコになるし、
⑧森田と①藤木は大仲なので、アシストまで考えられる。
その場合は、178の三人が面白い。
買い目は二つの展開で。
まずは、1=6は五分で、三着538厚めの順。
1-358-3568でも勝てるように。
突っ張り策なら、178 BOXで、中でも8=7-1が主力です。
抑えに7-1から84厚めも抑えて。
考え過ぎかも知れないが、昨年まで京都に冬季移動していた⑧森田は、
同期の①藤木を頼ってのものだけに、何かあるかも。

投稿を作成しました 1888

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る